赴く

全て 動詞
2,715 の用例 (0.01 秒)
  • 紹介を少し具体的にやろうとすれば、いやでも批評へ赴かざるを得ない。 戸坂潤『クリティシズムと認識論との関係』より引用
  • で、やっと座をって、食事を用意してあるという座敷に赴いたのだが。 山田風太郎『忍法流水抄』より引用
  • 彼女のために死地に赴くのだということは、わかっているはずだからだ。 バローズ『地底世界ペルシダー』より引用
  • 無事に石を入手したが、依頼主の元に赴くところで事態は複雑化していく。
  • といったのは、わざわざ東京までおもむいて調査をしてきた由木刑事である。 鮎川哲也『りら荘事件』より引用
  • 彼は以前数人の国会議員にその考えを紹介するよう要請され議会に赴いた。
  • イギリス清教の教会へおもむいても、そこに魔術師がいる可能性は低いようだ。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第17巻』より引用
  • 死に赴くためなのか、生に赴くためなのか、もう自分にも分らなかった。 豊島与志雄『紫の壜』より引用
  • 僕たちは一緒に金潟さんの案内で、強盗に襲われた現場へ赴いたのです。 泡坂妻夫『亜愛一郎の狼狽 (亜愛一郎シリーズ1)』より引用
  • 彼女もすでに一個の騎士として何度か戦に赴いた経験を持っている。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第03巻 「白亜宮の陰影」』より引用
  • 私は気の赴くままに散歩をし、本を読み、ものを書くという次第である。 ラム/平井正穂訳『エリア随筆』より引用
  • 以後、レギュラー2番組の放送・収録は病院からスタジオへ赴いている。
  • 私は、彼等二人が米神の太十のところへ赴いたのに相違ないと考へたのだ。 牧野信一『心象風景(続篇)』より引用
  • 私が女に赴いたほどの純熱を捧げて私は霊の生活の奥へはいって行きたい。 倉田百三『青春の息の痕』より引用
  • それでも彼は、騎士長の求めに応じて人界を守るため、この地に赴いた。 九里史生『SAO Web 0406 第八章01』より引用
  • 末娘の英子が憤慨して届け役を買って出て、指定の時間に現地へ赴いた。 天藤真『大誘拐』より引用
  • 各騎士団長はカレロスに赴き、強い調子で聖議会に問題の解決を求めた。 エディングス『エレニア記1 眠れる女王』より引用
  • 二人の兄は1943年にドイツへ赴き、戦争が終わるまで戻らなかった。
  • 雨にたたられながら駅前までおもむいた俺を、昨日と同じ三人が待っていた。 谷川流『涼宮ハルヒの分裂』より引用
  • 旅行好きな人なのだが、最近は海外へおもむくことは珍しくなっていた。 丈月城『カンピオーネ! 03 はじまりの物語』より引用
  • 次へ »