走る

全て 動詞
22,528 の用例 (0.02 秒)
  • こういうとその女は私からはなれて、先へ小走って行ってしまいました。 国枝史郎『犬神娘』より引用
  • 東京市内から郊外へ来る電車が時々二人の歩く間近に音を立てて走った。 岡本かの子『兄妹』より引用
  • 自分は一切を捨てて彼等の救濟に走らなければならないのではないのか。 阿部次郎『三太郎の日記 第三』より引用
  • 百五十人走ってこんな成績だから一番違いなど大したことではなかった。 佐野良二『闇の力』より引用
  • 然も一人や二人ではなく七人の警官が遠くから走つて来るのを発見した。 小熊秀雄『小熊秀雄全集-15』より引用
  • 夏には船を二十四時間走らせて、その間一度も岸を見ないですむほどだ。 ニコル『C・W・ニコルの自然記』より引用
  • 葬式にも出たらいかんて、そんな話があるもんかと頭の中を火が走った。 織田作之助『夫婦善哉』より引用
  • まず目についたのは、路が縦横上下に幾百条と走っていることであった。 海野十三『千年後の世界』より引用
  • 彼は乗ったままの方向へ車を走らせていてから、ふと車夫の背中を見た。 横光利一『上海』より引用
  • 私はそれらのメーター類に慎重に目を走らせながら、なお黙って待った。 光瀬龍『墓碑銘二〇〇七年』より引用
  • 夫とうまくいってないもやもやが、殺人に走らせたに違いありませんよ。 西村京太郎『特急「ひだ3号」殺人事件』より引用
  • 安定した生活を捨ててまで、若い女のところに走る気は毛頭ないのです。 もりたなるお『金星 相撲小説集』より引用
  • ただ、走りなさい、という命令が彼女を走らせたとしか言いようがない。 荒俣宏『帝都物語4』より引用
  • 車に乗って走っていなかったら、風もなくてやりきれないことであろう。 海野十三『火星探険』より引用
  • 電信電話郵便の無い世の中では、自然に想像を走らせる場合が多かった。 江見水蔭『死剣と生縄』より引用
  • もう一人は三十ぐらい、店に入るとすぐカメラを並べた棚に目を走らせた。 泡坂妻夫『斜光』より引用
  • なんだか矢たらに形式にばかり走ると思ふかもしらんが、そーではない。 尾崎放哉『俺の記』より引用
  • 女の人は少女の手を引いて、改札口かいさつぐちの方へ走って行ってしまいました。 下村千秋『曲馬団の「トッテンカン」』より引用
  • 電車の走るのは電車が走るのだが、なぜ走るのだかは電車にもわかるまい。 夏目漱石『野分』より引用
  • 逃げ走る影をみると、同じ姿の同じ血を浴びた十五郎がふたりいるのです。 佐々木味津三『旗本退屈男』より引用
  • 次へ »