走り湯権現

7 の例文 (0.00 秒)
  • 走り湯権現の堂閣も下に見えた。 ...
  • 桜も終りころ、土地の人に誘われて、いわゆる伊豆御山、走り湯権現へのぼってみた。 ...
  • はるか南に、走り湯権現ごんげんの常明燈が一点、西の方には根府川女関所ねぶかわおんなせきしょの灯がポチッと暗の空に見えていて、そこへはどッちも二里ほどずつ離れているさびしい漁村。 ...
  • ゆうべは、牧場の妻や、走り湯権現の覚明からの報告。
  • 「せがれどもは、甲斐へ落ちのびましたが、年老としよりが連れでは、足手纏あしでまといになろうと思い、別れて、この走り湯権現の房へ、きょうの明け方隠れこみました」 見れば、そういう景員は、もう髪をろして、法体ほったいになっている。 ...
  • 走り湯権現の覚明かくみょうでござる。 ...