走り抜ける

全て 動詞
399 の用例 (0.00 秒)
  • 今までの土の上の移動でなく、木の廊下の上を走り抜けていく音だった。 塚本晋也『悪夢探偵』より引用
  • 恐怖がからだを走り抜けたが、たいしたことではないとすぐにわかった。 星新一『なりそこない王子』より引用
  • まるで不倫の現場を目撃されたような、そんな意識が走り抜けたらしい。 阿刀田高『空想列車(上)』より引用
  • 左手に遠く見える首都高速道の上を、車が列をなして走り抜けていく。 宮部みゆき『レベル7』より引用
  • しかし結局のところ彼女が走り抜けたところが一種の地獄かもしれなかった。 ムーア『暗黒神のくちづけ―処女戦士ジレル』より引用
  • これは長野県の県木であるシラカバの森の中を走り抜けるイメージである。
  • 危うく避けて横に飛んだとき、今度は右の頬を冷たい感触が走り抜けた。 藤沢周平『又蔵の火』より引用
  • 列車は速度を増しながらカーブを走り抜け多くの人々が振り落とされた。
  • 彼らなら、部隊から部隊へ風のように走り抜けることができるからだ。 荻原規子『西の善き魔女5 闇の左手』より引用
  • 早駆けをする馬が、ハナミズキの木々の間を走り抜けてゆくのが見えた。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 06 重力の井戸の底で』より引用
  • その友人と私が驚き合っているとは知らずに、彼が横を走り抜けた。
  • ここへ護送される途中に垣間見た祭りの町を、走り抜けることであった。
  • 今の道を真っ直ぐ走り抜けると灯りが煌々と輝いている道路に出る様だ。 山田悠介『リアル鬼ごっこ』より引用
  • 独占していたと信じていただけに、激しい驚愕が木原の胸を走り抜けた。 森村誠一『日蝕の断層』より引用
  • 横丁を走り抜け、大通りを渡って、そこにあった赤電話で一一〇番した。 西村京太郎『失踪計画』より引用
  • なんとなくあの王様の声に似ている感じがしてイヤな予感が走り抜ける。 谷川流『涼宮ハルヒ特別編 「ハルヒ劇場 act1」』より引用
  • その際に短距離であれば浮力などを利用し水面を走り抜けることもある。
  • 小さな船は、あっというまに切り立った岩壁の前を走り抜けていった。 ニコル『C・W・ニコルの自然記』より引用
  • 翌日の夜明けに、母親はだれかが自分の寝室を走り抜けるのを聞いた。 ドーデ/大久保和郎訳『風車小屋だより』より引用
  • その際に短距離であれば表面張力を利用し水面を走り抜けることもある。
  • 次へ »