走り廻る

98 の例文 (0.00 秒)
  • まして信長が何を目指して目まぐるしく走り廻っているのかわからない。 ...
  • 乗組員たちは忙しげに走りまわっていて、その声に目を向ける者もいない。 ...
  • そしてここかしこに走り廻っている女性は何びとであるかと問うてみた。 ...
  • それからの私の生活は、病院と家庭と会社を走り廻るものとなった。 ...
  • さらに十分間、ダルミイー嬢と世界を走り廻っている娘のことを思った。 ...
  • 街路には至る所に警官の姿が見え、機動隊員を乗せた車が走り廻っていた。 ...
  • 黄金の舟に、黄金の水、はだかんぼうな赤鬼はその上を走り廻って居る。 ...
  • 生撮りだから場面が変わるたびにスタジオの中を役者たちが走りまわる。 ...
  • 私は東京都内を三日ばかりというものは、首がりに走りまわったのであった。 ...
  • 暫くしてから人の叫んだり、泣いたり、走り廻ったりする音が聞えて来た。 ...
  • 京都府警の刑事である大原が、殺人事件の捜査で走り廻っていた時だった。 ...
  • おそらく十年以上も前から山に入り、走りまわっていたに違いない。 ...
  • ついには背中に火がついて走り廻る夢を見るようになった。 ...
  • 貴女が、ご主人の弁護に走りまわったのは、純粋な愛情のためではないはずだ。 ...
  • その頃になると、走り廻って見えるのは味方の者だけになった。 ...
  • 突然、傍にいた兵の一人が気がれたのか甲板上をわめきながら走り廻った。 ...
  • 空港の従業員はたてものの中を自転車で、キビキビと走り廻っていた。 ...
  • 次へ