走り寄る

213 の用例 (0.00 秒)
  • それは何事が起きたのだろうと、調べるために走り寄って来たのだった。 三上於菟吉『グロリア・スコット号』より引用
  • 僕らはその場で人がいなくなるのを待ち、ドアに走り寄ったときだった。 清野静『時載りリンネ!2 時のゆりかご』より引用
  • 二〇メートルほど離れたところを走り寄る影は、娘のものではなかった。 菊地秀行『吸血鬼ハンター16 D-血闘譜』より引用
  • 青年の出て来た扉は開いたままだったので、二人は急いで走り寄った。 クロフツ/長谷川修二訳『フレンチ警部最大の事件』より引用
  • 松の太い枝の上に立ったとき、二人のボディ・ガードが走り寄ってきた。 大藪春彦『黒豹の鎮魂歌 第三部』より引用
  • つづけざまに、何度も叫んだので、ほかの者はかれのほうへ走り寄った。 スティーヴンスン/田中西二郎訳『宝島』より引用
  • その中の一人が、高く提灯をかかげた東吾に気がついて走り寄って来た。 平岩弓枝『御宿かわせみ 26 長助の女房』より引用
  • 姫の首をつかむと、まだ下ろしていなかった蔀戸しとみどに向かって走り寄った。 夢枕獏『陰陽師龍笛(りゅうてき)ノ巻』より引用
  • 女がおきくにとびかかり、同時に東吾と源三郎が走り寄って女を押えた。 平岩弓枝『御宿かわせみ 18 秘曲』より引用
  • そして代表団らしい数人が、花束をかかえて走り寄って来る姿が見えた。 川又千秋『一発!』より引用
  • そのころになると、ほかの車に乗っていた連中も気がついて走り寄ってきた。 内田康夫『斎王の葬列』より引用
  • 私たちは思わず声を目当てに走り寄って、お互いのからだを探り合った。 江戸川乱歩『孤島の鬼』より引用
  • Dが言う前に、彼は階段のところへ走り寄って、手摺りを両手で握った。 菊地秀行『吸血鬼ハンター13 D-邪神砦』より引用
  • と、二人は、音もなく走り寄って来た小兵衛に気づかなかったらしい。 池波正太郎『剣客商売 13 波紋』より引用
  • やがて今度は鼠ではなく四歳以上の少年少女が大勢走り寄ってきた。 阿部謹也『ハーメルンの笛吹き男 ――伝説とその世界』より引用
  • 慌てて走り寄った看護婦が拾い上げた一枚を見て素頓狂な声をあげた。 平岩弓枝『女の四季』より引用
  • 老女のそばへ走り寄って、この異様な状況から彼女を救いだそうとした。 荒俣宏『帝都物語5』より引用
  • だが敵は、こちらの小人数なのを知っていると見えて、なお走り寄ってきた。 アレクサンドル・デュマ/江口清訳『三銃士(下)』より引用
  • ジャクリーヌは、トラックの運転席へ座った労働者のところへ走り寄った。 デュラス/三輪秀彦訳『ジブラルタルの水夫』より引用
  • それから他の者達の撤退を援護すべく、ヴィアン人達の方へ走り寄った。 ジェイムズ・ブリッシュ『10 最後〔オメガ〕の栄光』より引用
  • 次へ »