走り出る

全て 動詞
136 の用例 (0.00 秒)
  • その一瞬前に、塀の下の男も鳥が飛び立つように暗い道に走り出ていた。 藤沢周平『蝉しぐれ』より引用
  • マンションから走り出ると、関永と小松崎が車で迎えに来てくれていた。 ヒキタクニオ『ベリィ・タルト』より引用
  • そして僕が突然走り出そうとした時、ふたたびその声の性質が変った。 ハドスン/守屋陽一訳『緑の館』より引用
  • 何かに気付いたらしいグラフが、剣を握ったまま前に走り出そうとした。 川原礫『アクセル・ワールド 黒の双剣、銀の双翼』より引用
  • しかし縁まで走り出た時には、既に頼母は起き上がり、庭を走っていた。 国枝史郎『血曼陀羅紙帳武士』より引用
  • 家の中にかくれひそんでいた者たちがころがるように外へ走り出てきた。 光瀬龍『征東都督府』より引用
  • 市兵衛の家の庭のあたりで、東吾達が目をこらす間もなく外へ走り出た。 平岩弓枝『御宿かわせみ 14 神かくし』より引用
  • それに応ずるかのように、反対の方向からも数十名の一隊が走り出てきた。 光瀬龍『所は何処、水師営 SF西郷隆盛と日露戦争』より引用
  • 前場と同じ 数人のローマ人が掠奪品を手にして城内から走り出て来る。 シェイクスピア/福田恆存訳『コリオレイナス』より引用
  • そこまでつぶやいた時、彼は勢い良く本堂の中央に走り出て片膝かたひざを突く。 東郷隆『(定吉七番シリーズ 1) 定吉七は丁稚の番号』より引用
  • よほど急いでいると見えて、通行車の確認もせずに通りの中央へ走り出た。 森村誠一『棟居刑事の断罪』より引用
  • 私は部屋を飛び出し、暗い階段をすべり落ちて、玄関から外へ走り出た。 三浦哲郎『忍ぶ川 他』より引用
  • それは月光の中へ走り出て、すこし先にある塀を乗り越えることだった。 大佛次郎『赤穂浪士(下) 〓あり』より引用
  • 狙いは男が城の向こう側を回ってこちら側に走り出て来た時である。 安部龍太郎『戦国秘譚 神々に告ぐ(下)』より引用
  • 彼は廊下ろうかに走り出るや、壁一面にとりつけられた案内版をにらみつけた。 新城十馬『蓬莱学園の初恋!』より引用
  • すると、その姿を見かけたらしく門の中から中年の男が走り出て来た。 藤沢周平『蝉しぐれ』より引用
  • 私たちの房の窓の下の中庭に、女囚たちが朝の30分の運動に走り出る。
  • 岩戸山の雲巌寺にたどりつくと、そこから七八人の武士が走り出て来た。 山田風太郎『忍法帖6 魔界転生 上』より引用
  • 銃声の音に悲しみと怒りをつのらせながらサイボックは部屋を走り出た。 ロッデンベリイ『スター・トレック5/新たなる未知へ』より引用
  • 思わず上条かみじようが走り出そうとしたが、横からステイルの長い手にはばまれた。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第02巻』より引用
  • 次へ »

走り出る の使われ方