走り出す

全て 動詞
1,337 の用例 (0.00 秒)
  • 濡れた腰巻のまま、岸に置いた衣類を引抱えて後をも見ずに走り出した。 江見水蔭『壁の眼の怪』より引用
  • 走り出したばかりのバスがとまって、なかから他の組の先生もおりてきた。 柳美里『水辺のゆりかご』より引用
  • 次郎は何と思ったか、今度は自分から、みんなの先頭に立って走り出した。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 助手席の男が口を開いたのは、車が走り出して少したってからだった。 勝目梓『炎』より引用
  • 声をあげて走り出そうとした時、ぐい、と左手が横の方へ引っ張られた。 夢枕獏『陰陽師龍笛(りゅうてき)ノ巻』より引用
  • 一瞬いっしゅんわたしは、先生がげるために走り出すのではないかと思いました。 ロフティング『ドリトル先生物語02巻 ドリトル先生 航海記』より引用
  • 少女は、エルメスの言ったとおり、最初はゆっくりと土の道を走り出す。 時雨沢恵一『キノの旅 第07巻』より引用
  • そのひっかかりが何なのか考えるより先に、体は外へ走り出していた。 奈須きのこ『Fate/stay night セイバー Fate TrueEnd 夢の続き』より引用
  • 突き上げる不安が他のすべてを見えなくさせ、ロランは走り出していた。 福井晴敏『∀ガンダム(下)』より引用
  • 素早く十歩ほど後退すると勢い良く走り出し雷太の背中に体当たりした。 飴村行『粘膜人間』より引用
  • 意志だけは先行して走り出そうとするのだが、身体からだがついていかない。 秋田禎信『エンジェル・ハウリング 第03巻』より引用
  • 彼は走り出す列車のデッキに立って、ドアのガラス越しに外を眺めた。 半村良『幻視街』より引用
  • 今が身軽だけに恋をすれば家庭を持つ方向に走り出すにきまっている。 半村良『下町探偵局PART2』より引用
  • そしてつぎの瞬間には彼の手から体を振りほどいて走り出していた。 海老沢泰久『帰郷』より引用
  • 走り出す直前、刀を構えたままその場から動かない前川さんに声をかける。 入間人間『電波女と青春男 第05巻』より引用
  • みなまで聞かず、ジャックは自転車に飛び乗って風のように走り出した。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える3』より引用
  • だがワゴンがどろね上げ走り出すと、それもやがて聞こえなくなった。 賀東招二『フルメタル・パニック!11 ずっと、スタンド・バイ・ミー(上)』より引用
  • 高らかに笑いながら、すでに中間は生ぬるい風に乗って走り出していた。 大槻ケンヂ『新興宗教オモイデ教』より引用
  • 車が走り出す直前に、凛は母親の目を盗んで、綺礼に向けて舌を出した。 虚淵玄『Fate/Zero Vol.1 「第四次聖杯戦争秘話」』より引用
  • ほとんどいかりにも近い感情的な表情でさけび、先頭に立って走り出す。 谷川流『涼宮ハルヒの分裂』より引用
  • 次へ »