走り出す音

11 の用例 (0.00 秒)
  • 手についた埃を払いながら山門をでたかと思うと、車の走り出す音がした。 鮎川哲也『戌神はなにを見たか』より引用
  • 私がお玄関の扉を開けますと同時に、黒い影が表御門の方へ走って行き、間もなく自動車の走り出す音をききました。 大倉燁子『鉄の処女』より引用
  • 馬の走り出す音で、鬼が気がついたのである。 夢枕獏『陰陽師太極ノ巻』より引用
  • エレベーターがしまり、おりてゆくかすかな音がし、やがて窓の外から、車の走り出す音がした。 栗本薫『真夜中の天使5』より引用
  • ジープの走り出す音が聞え、やがてそれが次第に遠ざかって、消えてしまいました。 大倉燁子『恐怖の幻兵団員』より引用
  • やがて収集車がまた走り出す音がした。 柴田よしき『紫のアリス』より引用
  • 待ちきれなくなった子供たちが、ドアを押し開けて走り出す音をききながら、人々は吹きこむ風のぬくみに身体と精神こころをならし、それからようやく、白い光の中へ出て行くのだった。 菊地秀行『吸血鬼ハンター07b D-北海魔行 下』より引用
  • 羊の走り出す音が聞こえ、リーベルトの馬がその後を追う。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅱ (電撃文庫)』より引用
  • さしてためらいもなく飛び降りることができたのは、慌てて部屋の扉をこじ開けようとする音と、ばたばたと走り出す音が聞こえたからだ。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅰ (電撃文庫)』より引用
  • 少しして、どこかで車の走り出す音がきこえたが、むろんみゆきも佐伯も気にもとめず、執拗な三つどもえの愛撫の疲れですぐにぐっすりと眠りこんでしまっていた。 栗本薫『真夜中の天使4』より引用
  • 走り出す音がする。 松本清張『無宿人別帳』より引用