走り出す気配

7 の用例 (0.00 秒)
  • テスタロッサたちを乗せた軽トラックは完全かんぜん故障こしょうした様子ようすで、もう走り出す気配けはいはなかった。 賀東招二『フルメタル・パニック!02 疾るワン・ナイト・スタンド』より引用
  • それが合図であったかのように、これまで硬直していたユージオが、ついに走り出す気配を俺は感じた。 九里史生『SAO Web 0405 第七章02~転生Ⅱ』より引用
  • 電車が走り出す気配はまったくなく、だいたいこんなところに駅はなかったんじゃないかと思えてきて、もっとよく見るために手提げから眼鏡をとりだしてかける。 角田光代『空中庭園』より引用
  • その声を土産に、二人が走り出す気配がした。 菊地秀行『トレジャー・ハンター15 エイリアン魔神国 完結篇3』より引用
  • 香澄が乗ってきたタクシーは走り出す気配を見せず、停車ランプを点滅させたまま家の前に停まりつづけている。 樋口有介『苦い雨』より引用
  • バラバラと下流へ向かって走り出す気配がした。 森村誠一『虚無の道標』より引用
  • 美根、美根と連呼して、千満太が走り出す気配をさとると、十太夫は、はっと眼をひらいて叱った。 藤沢周平『隠し剣孤影抄』より引用