走り出すよう

21 の用例 (0.00 秒)
  • 私は、ほとんど走り出すように、秋の爽やかな空気の中へと出て行った。 赤川次郎『アンバランスな放課後』より引用
  • 三人は走り出すようにして店を出ると、通りがかったタクシーに飛び乗った。 柴田よしき『紫のアリス』より引用
  • この友人が後先を省みずに走り出すような時は、いつも自分が制止してきた。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第06巻 「獅子の胎動」』より引用
  • 車は二台とも走り出すようすはなかった。 勝目梓『炸裂』より引用
  • 少女の頃は、裸足で走り出すような恋に憧れていたこともある。 林真理子『不機嫌な果実』より引用
  • 子犬を助けるために走り出すような余裕よゆうなど、どこにもなかった。 三雲岳斗『レベリオン 第01巻』より引用
  • バックミラーに、鈴木とマリの乗ったクラウンが走り出すようすが映っていた。 勝目梓『夜のエージェント』より引用
  • 命令もないのに食物や猫につられて、勝手に走り出すようなそのへんの犬と北辰はわけが違う。 五代ゆう『晴明鬼伝』より引用
  • 右に向かって走り出すような初期条件を与えておいて、あとから無理やりに向きを変えさせようとするような無駄なことを、われわれは案外しているのではないだろうか。 堀淳一『物理の風景―数理物理学者の見た世界』より引用
  • 立ち止まり、しばらく川を眺めたり息を整えたりして、それからまた走り出すようにしている。 北野勇作『ハグルマ』より引用
  • 人は幸福になるために愛するのだろうか、それとも、ただ盲滅法に走り出すように愛に飛び込むのだろうか。 福永武彦『廃市・飛ぶ男』より引用
  • それから自動車が走り出すように、教員室の方へ走り出した。 坪田譲治『新編 坪田譲治童話集』より引用
  • 心臓と胃が、それぞれ別の方角へ向けて走り出すようだ。 田中芳樹『銀河英雄伝説 03 雌伏篇』より引用
  • 面選択後、マップが表示され、時間経過にしたがってマップの端に繋がっている道路から多数の車が表示され、それぞれの車は目的地を目指して走り出すようになる。
  • 安堵とともにそう叫び、半ば走り出すように前進を再開する。 九里史生『SAO Web 0401 第一章~第三章』より引用
  • 高校入学当初、骨の発育が体の発育に追いついておらず、肋間神経に激しい痛みが走り出すようになる。
  • よく仕込まれた犬だけに走り出すようなことはせず、枯葉を忍びやかにふみながら黙々と進んでゆく。 吉村昭『熊撃ち』より引用
  • それには答えず、藍ちゃんは走り出すようにして三囲の石鳥居をぬけ、石段を飛び上って、土堤の上の人群にまぎれこんだ。 中井英夫『虚無への供物』より引用
  • ワゴンが走り出すようすはなかった。 勝目梓『炎』より引用
  • ベンツは走り出すようすはなかった。 勝目梓『炎』より引用