走り出すなり

4 の用例 (0.00 秒)
  • 列車が走り出すなりいつものように一人うれしくホームで買った駅弁を開いた。 川本三郎『ちょっとそこまで』より引用
  • 走り出すなり、目を閉じてしまったのである。 赤川次郎『自殺行き往復切符』より引用
  • きびきびと車を切り返した樋口は、走り出すなりあっというまに信号を渡っていってしまった。 村山由佳『星々の舟』より引用
  • 走り出すなり、J・Rはカー・テレフォンをとった。 喜多嶋隆『ポニー・テールは、ほどかない (ポニー・テールシリーズ5)』より引用