走り出すとすぐ

9 の用例 (0.00 秒)
  • 車が走り出すとすぐに、奥さんはご主人の話を始めた。 吉田修一『熱帯魚』より引用
  • 走り出すとすぐに右と左に別れた。 光瀬龍『墓碑銘二〇〇七年』より引用
  • 作業道具らしいものを入れたふくろを取り落とし、走り出すとすぐ目の前の家の裏庭から中に飛び込んだ。 支倉凍砂『狼と香辛料ⅩⅡ』より引用
  • 走り出すとすぐ、男が女の肩を抱いた。 勝目梓『女教師に捧げる鉄拳』より引用
  • 車が走り出すとすぐに、達川が尋ねた。 阿刀田高『花惑い』より引用
  • せまい助手席で、少女はオーリャの膝に乗り、雪上車が走り出すとすぐに寝息を立て始めた。 古橋秀之『冬の巨人』より引用
  • ハイヤーが走り出すとすぐに、片柳は運転手に言った。 勝目梓『媚薬』より引用
  • 走り出すとすぐ、客席と透明なプラスチック製の壁で完全に遮断されている運転手席から運転手が、拡声器を通じて、行先がシェーネフェルト空港であることを告げた。 柏原兵三『徳山道助の帰郷』より引用
  • 走り出すとすぐアガサがいった。 胡桃沢耕史『女探偵アガサ奔る』より引用