走り出す

全て 動詞
1,337 の用例 (0.00 秒)
  • 車の両側にいた人々は、それぞれが炎とは反対側に向かって走り出した。 三上延『シャドウテイカー3 フェイクアウト』より引用
  • 運転手はちょっと不審そうに私の顔を見て行き先もきかずに走り出した。 平林初之輔『動物園の一夜』より引用
  • 聞こえたのはそれだけだったが、二人はその場所を目指して走り出した。 片山憲太郎『電波的な彼女02』より引用
  • 真ッ先に手を上げてふりながら走り出して来るのは、三人の弟等であった。 海音寺潮五郎『平将門 中巻』より引用
  • バスからおりたとき父は、カメラと叫んで走り出したバスを追いかけた。 柳美里『フルハウス』より引用
  • タクシーが走り出すと、その少女は、駅の方をしばらく振り返っていた。 赤川次郎『名探偵はひとりぼっち』より引用
  • とりで中の者がワイワイ言いながら飛び出して来、何かわからず走り出した。 海音寺潮五郎『平将門 中巻』より引用
  • と言ったかと思うと、自分はていを背負い佐枝の手を取って走り出した。 三浦綾子『続泥流地帯 草のうた』より引用
  • やがて私はそう決心すると、そのまま一直線に市内へ向って走り出した。 大阪圭吉『寒の夜晴れ』より引用
  • 短い町の通りを十分で通り抜けると、更にスピードを上げて走り出した。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇1 警視正天山南路を行く』より引用
  • 車は、了解りょうかいしました、中央区のビル街に向かいますと言って走り出した。 時雨沢恵一『キノの旅 第04巻』より引用
  • 私は、ほとんど走り出すように、秋の爽やかな空気の中へと出て行った。 赤川次郎『アンバランスな放課後』より引用
  • そうロックが言ったとたんに、タカギタミオは改札口の方へ走り出した。 池澤夏樹『キップをなくして』より引用
  • 彼は再び、まっしぐらに岩から岩を飛んで、声する方に走り出しました。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 男が運転手に一言もいわないうちに、タクシーはゆっくり走り出した。 レアージュ/澁澤龍彦訳『O嬢の物語』より引用
  • そう考えて走り出そうとした梨夏の背後で、何人かぶんの悲鳴が聞こえた。 三雲岳斗『レベリオン 第04巻』より引用
  • 出迎えた三人の娘のうち、ひとりが走り出して老人にとびつこうとした。 山田風太郎『忍法帖6 魔界転生 上』より引用
  • 彼はいきなりサラの体を抱くと、自分のアパートへ走り出したのである。 横溝正史『悪魔の家』より引用
  • そのまま足をむき出しにした格好で、シートの間の通路を、走り出した。 野村美月『文学少女シリーズ03 “文学少女”と繋がれた愚者』より引用
  • 倒れている自転車の脇を素通りして、すぐ先にある公衆電話へ走り出す。 原田宗典『屑籠一杯の剃刀 自選恐怖小説集』より引用
  • 次へ »