走り

全て 動詞 名詞
25,304 の用例 (0.02 秒)
  • あれもこれも書きたくて、筆が勝手に走りだしたやうな小説なのである。 坂口安吾『長篇小説時評』より引用
  • 道でも畑でも、いばらの中でもかまはずにどんどん南の方へ走りました。 新美南吉『鳥右ヱ門諸国をめぐる』より引用
  • それは何事が起きたのだろうと、調べるために走り寄って来たのだった。 三上於菟吉『グロリア・スコット号』より引用
  • それまでおとなしく雪の上に立っていた吉田は、急に前方へ走りだした。 黒島伝治『雪のシベリア』より引用
  • ある夜、室の外から三娘があたふたと走りこんで来て泣きながらいった。 蒲 松齢『封三娘』より引用
  • この時先に門の口にて遊び居たりし二人の娘、我等が前に走り來りぬ。 森鴎外『即興詩人』より引用
  • 流れつつ亀裂が何重にも複雑に走り、赤いマグマが闇を走るのが見えた。 片岡義男『波乗りの島』より引用
  • 林は真実そんな空想に走り始めたかのやうに言葉を切つて首をかしげた。 牧野信一『村のストア派』より引用
  • そしてそのトラックは騒ぎを後に、東京ホテルの広場から走りだした。 海野十三『○○獣』より引用
  • こういう逃亡は走り百姓といって中世以降徳川時代までつづいていた。 坂口安吾『土の中からの話』より引用
  • 反対の方向からおなじ酒場へ走りこんで来たのが、アランだったのです。 片岡義男『波乗りの島』より引用
  • ミミは思わず駈け込んで、女王様の長い長い着物の裾に走り寄りました。 夢野久作『ルルとミミ』より引用
  • 自分の席にすわっていながら僕の眼は時々ジムのテイブルの方に走りました。 有島武郎『一房の葡萄』より引用
  • 嫂はせつせと村の小路を走り廻つて氷や牛乳や卵を求め看護しつづけた。 原民喜『星のわななき』より引用
  • 鉄のような血の味を思い出しながら、私はナイフを男に向け、走りました。 植松真人『主よ、人の望みの喜びよ』より引用
  • 私は一時間程横になりましたが、酸素が切れたので買いに走りました。 梶井久『臨終まで』より引用
  • と機関大尉は舌うちしながら、足音と反対の方へ、狭い通路を走りだした。 海野十三『浮かぶ飛行島』より引用
  • 音を立てないばかりに雲は山のほうから沖のほうへと絶え間なく走り続ける。 有島武郎『生まれいずる悩み』より引用
  • 凍てついた夜の底を白い風が白く走り、雨戸を敲くのは寒さの音である。 織田作之助『世相』より引用
  • よし自分が走り続けられたとしても、周囲の人が許すはずはないのだ。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 次へ »