赤茶色に染め

10 の用例 (0.00 秒)
  • 赤茶色に染めたオカッパの髪が乱れ、頭頂部に染料落ちの白髪が見える。 樋口有介『枯葉色グッドバイ』より引用
  • 赤茶色に染められた髪のあちらこちらに、ドレスと同じ色の羽が挿されている。 今野緒雪『マリア様がみてる 12 子羊たちの休暇』より引用
  • 背は低く横に広く好い形に育った小松がそのみどりの葉の所々を赤茶色に染めて居るのは木のために良い悪いなんかは別にしてただ奇麗なものだ、そして又極く美術的なものだ。 宮本百合子『旅へ出て』より引用
  • 風は強くても、空は澄みわたり、ローツェの夕映えは岩峰を赤茶色に染めた。 植村直己『青春を山に賭けて』より引用
  • 髪の毛を赤茶色に染めた娘は、皿を置くと、店に流れる音楽に合わせるように尻を振りながら歩み去った。 板東眞砂子『死国』より引用
  • 髪を赤茶色に染めており、「生理」だからと見学をしていた。 大沢在昌『悪夢狩り』より引用
  • 赤茶色に染めた髪や、豹柄のワンピースがいかにも場末のホステスという雰囲気だ。 多島斗志之『追憶列車』より引用
  • 赤茶色に染めた髪は阿修羅あしゅらのように逆立ち、目元と口のまわりには地割れのような皺が浮いている。 樋口有介『木野塚探偵事務所だ』より引用
  • エプロンをつけて、髪を赤茶色に染めている。 赤川次郎『告別』より引用
  • 髪は、プラチナ・ブロンドに染めたり、赤茶色に染めたりするのをくりかえしたせいで、くたびれていた。 クリスティ/小西宏訳『パーカー・パイン2』より引用