赤字必至

4 の例文 (0.00 秒)
  • しかし、前述したように、当時の深名線沿線においては北空知バスが運行する深川と多度志を結ぶ路線を除き、バス路線は設定されたことすらほとんどなかったが、これは深名線程度の輸送人員ではバスでも赤字必至とみられたため既存のどのバス事業者も手を出しかねていたと思われる。 ...
  • 現在は測量なども行われ、用地買収等も行われているが、年間予算額が今のところ1億円程度で、総事業費は約150億円であり赤字必至の情勢のため道路工事着工には至っていない。 ...
  • また、当時は「赤字83線」のローカル線廃止取組みの最中であり、開業すれば赤字必至のローカル線の引き受けを国鉄が拒否したため、完成した線路が2年間に渡って放置されていた。 ...
  • 「岡多・瀬戸線」は日本鉄道建設公団により、主要幹線として建設が進められていた一方、残る岡多線の多治見方面は未着工のまま、1979年6月に「開通すれば赤字必至である」として運輸省により建設計画が凍結され、1985年10月には事実上頓挫した。 ...