賭け

全て 動詞 名詞
7,470 の用例 (0.02 秒)
  • そこにはあらゆるものに賭けて汚すことを恐れた私達の魂があつたのだ。 梶井基次郎『『青空』のことなど』より引用
  • この町で会っただれよりもきちんとした男であることは賭けてもいい。 ディクスン『ドラゴンの騎士〔上〕』より引用
  • あまりに大きなものがけられているようにわたしには思われたのでした。 原田義人『城』より引用
  • すると馬が目の前にいるもんで、賭けた金は払わなければならなかった。 日本民話の会編訳『世界昔ばなし(上) ヨーロッパ』より引用
  • 老婦人がゲームの終了を宣言し、それ以上の賭け金を置くことを禁じた。 冲方丁『マルドゥック・スクランブル The Second Combustion 燃焼』より引用
  • そもそもこの世界に、君の生命を賭けてまで救う価値があると思うかね? 菊地秀行『魔界都市〈新宿〉』より引用
  • 東京の破壊に生命をけた男が帰って行く先は、その東京しかなかった。 荒俣宏『帝都物語4』より引用
  • そんな楽しい旅なら、自分の一生をこれに賭けてもいいという気がする。 ルソー/桑原武夫訳『告白(上)』より引用
  • もちろん分の悪いけだから、安田やすだたちの判断というのはありだと思う。 伊都工平『天槍の下のバシレイス1 まれびとの棺 〈上〉』より引用
  • あの女は心と身体のすべてを賭けて冷然とさう言ひきつてゐるやうだ。 坂口安吾『吹雪物語』より引用
  • 彼女たちに囲まれて、男たちは大金を賭けた勝負に目を血走らせていた。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ11 〔映画版〕虹色の地獄』より引用
  • もしこの賭けに失敗したら、もう回収車は見つけられないかもしれない。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第07巻』より引用
  • けの時の挑発的ちょうはつてきな発言なんて、前の時には絶対ぜったいに聞けなかったはずだ。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス04 コンフィデンシャル・コール』より引用
  • ちょっとくやしいでもなかったが、今は梨乱にけてみる気になっていた。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録03 泥を操るいくじなし』より引用
  • 内部構造を知らない院内を捜しまわるよりもひとつのけを選んでいた。 初野晴『水の時計』より引用
  • その映画の主人公は、ただトランペット一つに一切を賭けた青年である。 石原吉郎『望郷と海』より引用
  • アシュラムという男の抱いている考えはあきらかに危険なけであった。 水野良『ロードス島戦記 3 火竜山の魔竜(上)』より引用
  • でも、それ以外でけをするんは、人の上に立つ人間のやることちゃう。 三田誠『レンタルマギカ 第02巻 魔法使いVS錬金術師!』より引用
  • 過去に父と兄が、そして自分が豊臣家に命を賭けて得た物は何もなかった。 茶屋二郎『遠く永い夢(上)-本能寺 信長謀殺の真実-』より引用
  • この戦いは、この地底世界を賭けた大戦争の歴史的な発端となるだろう。 バローズ『地底世界ペルシダー』より引用
  • 次へ »