質実剛健

199 の用例 (0.00 秒)
  • 欧州フォード車はフォード車であっても欧州車そのものであり、マッスルな北米部門に対し、質実剛健な欧州部門という方向性となっていた。
  • 文武両道・質実剛健をモットーとする名門校で部活動が盛ん。
  • 角盤校で軍事訓練と質実剛健の校風で名を挙げた。
  • 販売を始めたところ、質実剛健であったことからクライマー達に絶大な信頼を受けることとなり、マンチェスターハイドの近くの農場の小屋へ引越しをして、製造のみに集中するようになった。
  • いくら峯岸稽古が、質実剛健を旨とする会津娘でも、やはりまだ若き処女だ。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇3 キャリアウーマン』より引用
  • 車体の大きさは日本の5ナンバーサイズに収まる小ささだが、上位モデル同様に質実剛健な設計がなされており、安全性能も見劣りしない。
  • 質実剛健をモットーとしており、武田家と並び戦国最強の武力を誇る。
  • 徳川時代の農民一揆の場合などでも、武士がゼイタクしていたという例は珍しく、江戸大坂に若干の繁栄があったほかは、国土の貧しさと人口の多さによって、支配階級の武士すらも、もっぱら質実剛健を旨とせざるを得なかったのである。 坂口安吾『安吾巷談』より引用
  • 質実剛健で鉄人以上の頑丈さ、飛行スピード、操縦性、自律性を誇る。
  • しかし戦前、とくに大名華族の家庭では、きちんとした教育やしつけがなされており、男子は質実剛健に育てるべくスパルタ的ですらあった。 酒井美意子『ある華族の昭和史』より引用
  • クラブハウスから借りた質実剛健なウッドで、最近流行の合金だかファイバーだかよりは少々重いかもしれなかったが、一番小さい手のサイズではあった。 久美沙織『SPEAK EASYの魚たち』より引用
  • 教育基本法の精神に則り、創立以来の質実剛健の校風を継承して、次の三綱領を定める。
  • 室内は17系以降高級になったクラウンとは対照的に質実剛健さに徹しており総ビニール内装でエンブレム類はメーカーのものと車名以外全て撤去されている。
  • 従来のスズキの小型車には軽自動車のコンポーネンツを発展させた車種が多かったこともあり、デザインや走行性能よりも低廉な価格や質実剛健な作りに注目が集まりがちであった。
  • 質実剛健を旨とし、黒騎士団に代表される精鋭部隊を多数擁し、軍事大国として、その騎士団の強さは大陸随一と謳われた。
  • 政府大臣が推奨する質実剛健の気風とかは、いかなる修養をもって得らるるものか知らぬが、もしそれが条件なしに、木綿以前の日本人の生活に立ちかえることを意味するならば、その説は少なくともこの久しい歴史を忘れている。 柳田国男『木綿以前の事』より引用
  • グリーンの宗主は質実剛健しつじつごうけんの氏族だったが、現世代になって、落魄らくはくの感はおおいがたいようだ。 ダイン/坂下昇訳『グリーン家殺人事件(上)』より引用
  • 交流のあった正旨龍統は「言行は慎み深く、質実剛健な人柄であった」と評している。
  • 漫画版で登場した時はすでに旧式化しつつあったが、一部の操縦士の間では「質実剛健さがいい」という評価もあり、問題の多かった「アトラス」から順当に改良発展され、軍用レイバーとしてはそれなりの完成度に達していたようである。
  • 一心不乱に無表情な長門の質実剛健しつじつごうけんなまでに無表情な双眸そうぼうには、こしくだけ落ちそうになるほどに何もない虚無きょむが反射していた。 谷川流『涼宮ハルヒの分裂』より引用
  • 次へ »