質土壌

21 の用例 (0.00 秒)
  • タイでは塩質土壌において最も広く分布する主として本種があげられており、ある程度の耐塩性があることも示されている。
  • 地球の海面が上昇と沈降を繰り返した数百万年の間に古代海浜に堆積した砂質土壌が石灰岩層の上にある。
  • 多くのツツジ科樹木と違い、イチゴノキは石灰質土壌でよく成長する。
  • この層位は通常鉱質土壌の上に作られ、有機土壌断面を形成する。
  • イベリア半島内でもっとも降水量が多い地域だが、南部は石灰質土壌のために保水力が弱い。
  • 野生下では、日光が直接あたらない樹木の陰で、砂質土壌の小川の沿岸にて成長する。
  • 砂粒というには石英片にとぼしく、しかしまだ粘土にはなっていない土がシルト質土壌です。 井上ひさし『コメの話』より引用
  • 短根ニンジンは多くの土質で栽培が可能なためあまり考慮する必要はないが、有機質に富んだ砂質土壌が最適とされる。
  • シルト質土壌とは、簡単にいいますと、微砂のこと。 井上ひさし『コメの話』より引用
  • 砂質土壌はルイジアナ州南部、ミシシッピ州、アラバマ州でも見られ、フロリダ州西部と南部でも多い。
  • マングローブを構成するヤエヤマヒルギなどの木は、マングローブ泥とよばれる特殊な泥質土壌に生育するので、地下部では酸素が不足しがちになる。
  • マキはあるが石灰質土壌に由来するギャリグはない。
  • このような証拠に基づき Robinson らは、パラワン州やミンダナオ島の超苦鉄質岩質土壌に分布するこれらのウツボカズラ属の類縁種は、もともとボルネオ島にあった共通祖先から適応放散して生じたものであると結論付けている。
  • 化石の混じる石灰質土壌と、栽培に適した微気候がワインに独特のアロマと甘さを与えている。
  • 土壌は地盤の酷さや乾燥など、国の中でも最も貧しいのだが、地元産のブドウの品種は古代のイギリス人移住民によりヴェーリアやパエストゥムに紹介され、粘土石灰質土壌とその地域の気候に順応された。
  • 付近一帯は排水良好な砂質土壌で、近郊野菜・果実の産地であったが、旧国道2号や岡山県道396号酒津中島線の建設により市街化が著しく進行し、農地の減少が進んだ。
  • 木本で、石灰質土壌を嫌い酸性土壌に育つものが多い。
  • 黄河氾濫の常襲地であり、砂質土壌が多く、小麦・大豆・コーリャン・綿花・落花生・ナツメが栽培される。
  • 栽培適地は年平均気温摂氏20度以上で年降水量1300mm内外の熱帯の平地から海抜800mくらいまでの排水の良い肥沃な砂質土壌である。
  • 梅雨期および秋から初冬にかけて、地上に詰まれたおがくずやイネのもみがらなどの上・肥沃な砂質土壌、木材の破片の上、あるいは芝生上などに群生ないし散生し、まれには菌輪を作る。

質土壌 の使われ方