質の土壌

71 の用例 (0.00 秒)
  • ひとつのコミュニティの内にもしばしば異なる質の土壌がいくつか見られる。
  • 熱の作用のため、粘土質の土壌と砂が極度に硬くなっていたのである。 ヴェルヌ/鈴木力衛訳『月世界旅行』より引用
  • まず、野生の猫は自身の排泄場所を柔らかい砂質の土壌で行う事が知られている。
  • 砂質の土壌はブドウ栽培に向いており、地域には50以上のワイン醸造所がある。
  • バンクシアの多くの種は砂質の土壌でよく生育し、他のものは岩の多い土壌を好む。
  • 大きな大根に育てるためには火山灰質の土壌を用いて多くの手間をかける必要がある。
  • 伊賀は古琵琶湖層に由来する粘土質の土壌のため、農耕に苦労する土地柄であった。
  • この生まれたての川が流れる堆積岩でできたローム質の土壌が水に赤い色を付け、川の名前の由来となった。
  • 地質的には一連のナムトック写真を見れば分かるように、石灰質の土壌が多い。
  • 最も新しい第四紀の堆積層は、礫や石が混ざった砂や粘土質の土壌で形成されている。
  • これは下方にある地下水面から多孔質の土壌を通じて上がってきた水が凍結面の所から上へ立ち上がったものである。
  • マイン川に面した石灰質の土壌でのブドウ栽培は特に繁栄した。
  • 海等の暗い玄武岩質の土壌の地域ではこのような現象が起き、後に高地の衝突からの明るい噴出物で覆われる。
  • かつては天竜川が区のほぼ中央部を貫く形で縦貫しており、そのため区域の大半は砂礫質の土壌である。
  • ベルリンの南、ドイツ中東部は北部の低地によく似た地域であり、砂質の土壌と河川が作る湿地が展開する。
  • リッセ周辺の砂質の土壌は、球根栽培にかなり向いていた。
  • 植民地時代、ナタールの砂質の土壌は、市がサトウキビ栽培地として発展するのを妨げた。
  • 森林内では、湿った場所や泥状の場所を好み、石灰質の土壌は嫌う。
  • この街の表土は主に第四紀のもろい砂礫質の土壌からなる。
  • しかし、一部の地域、特に南極半島には岩石質の土壌が存在し、ツンドラを成立させている。
  • 次へ »