賢しい

全て 形容詞
42 の用例 (0.00 秒)
  • ついに私の魂はたまりかねて口を開き、さかしくも私に向ってかく叫んだ。 ボードレール/村上菊一郎訳『パリの憂鬱』より引用
  • 時計塔の学舎の中ならば、実験用のラットですらもう少し賢しいだろう。 虚淵玄『Fate/Zero Vol.4 「煉獄の炎」』より引用
  • こうまでさかしい魂をうかがい得て、頬に伝うものを拭うことも出来なかった。 折口信夫『死者の書』より引用
  • かうまでサカしい魂をウカガひ得て、頬に伝ふものを拭ふことも出来なかつた。 折口信夫『死者の書』より引用
  • 火の酒にして、そはもっともさかしき者の分別をも醗酵せしむればなり。 佐藤正彰訳『千一夜物語 03』より引用
  • かうまでサカしい魂を窺ひ得て、頬に傳ふものを拭ふことも出來なかつた。 釈迢空『死者の書』より引用
  • 自分の後ろで、二人がさかしい微笑をかわしてるような気がした。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • ルイ十一世が無慈悲な悪党なら、ルイ十二世はさかしい小悪党にすぎない。 佐藤賢一『王妃の離婚』より引用
  • さかしくも伊織はそうして、徐々に敵を村のほうへ誘って行こうとするらしいのである。 吉川英治『宮本武蔵』より引用
  • かうまでさかしい魂を思ふと、頬に伝ふものを拭ふことも出来なかつた。 折口信夫『死者の書』より引用
  • 人間心理の負の面において、姉貴以上にさかしい人間はそういない。 同人『魔法使いの夜~Wicth on the Holy Night~』より引用
  • むしろ、やや狡猾で賢しい若者に映るように振る舞う努力をしている。 富野由悠季『機動戦士ガンダムⅢ』より引用
  • 賢しい彼女は母だちの傍に接近して、なるたけその話振りを聞き取らうとした。 小寺菊子『河原の対面』より引用
  • それだけさかしいのだから、役に立つ地下経済を大目おおめに見るくらいのことはするはずだ。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(上)』より引用
  • しかし、父の時政は、さかしくて美しいこの政子を、最も重荷に感じていた。 吉川英治『源頼朝(一)』より引用
  • 兄嫁はさかしい女であるので、夫の出たあとで徐四に言った。 岡本綺堂『中国怪奇小説集』より引用
  • こんな賢しい輩を排除するには米国と同じにその出自を明らかにし、発言させるべきではないか。
  • 世の人の心はもう、賢しくなり過ぎて居た。 折口信夫『死者の書』より引用
  • もう、世の人の心はさかしくなり過ぎて居た。 折口信夫『死者の書』より引用
  • ところが、こんな言い争いをしているうちに、観光の金儲けに早くも目をつけたのはさかしい和人たちだった。 上西晴治『十勝平野(下)』より引用
  • 次へ »