賑わう街

10 の用例 (0.00 秒)
  • 東へ向かう乗り合い馬車の発着所まで、にぎわう街なみを見ながら歩いた。 今野緒雪『スリピッシュ! 03 ひとり歩きの姫君(前編)』より引用
  • まつりにぎわう街の中にれば、この行き場のないどろどろとした感情のことを忘れられるような気がしたのだ。 枯野瑛『銀月のソルトレージュ02 金狼の住処』より引用
  • クリスマスを控えてにぎわう街の姿はどこにもなかった。 大石圭『自由殺人』より引用
  • それを目撃した市民たちは怒り、圭介は安積国造神社の祭で賑わう街の中を逃げ回ることになる。
  • ぷりぷりしながら四条河原町でバスを降りて、私は賑わう街を抜けて鴨川へ向かった。 森見登美彦『有頂天家族』より引用
  • 椎菜に腕を引っ張られて、クリスマス前でにぎわう街を歩いていく。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第05巻』より引用
  • 美しいケヤキ並木でも知られる成蹊学園が池袋から移転したこともあって、農村から住宅街、そして多くの商店や学生で賑わう街へと変貌を遂げることになった。
  • 主人公ハワードの息子、ジェイミーへのクリスマスプレゼントを手に入れるために、クリスマス・イヴで賑わう街を詮索する姿が描かれる。
  • もう一つおもしろいことは、久保田脚本の幕切れは、主役その他が全部、銀座の復興大売出しで賑わう街へ出ていってしまって、たった一人、酔客が店に残っていて、それで幕がおりるのだが、これは、チェホフの『桜の園』が、たった一人あとに残った老僕フィルスだけで幕切れになる運び、そのままなのだ。 巖谷大四『懐しき文士たち 戦後篇』より引用
  • かつて午後6時を回るとさながらゴーストタウンと化していたポートランドのダウンタウンは、いまやショッピングやダイニング、ビジネスで一日中賑わう街となっている。