賑わうようになる

20 の用例 (0.00 秒)
  • 中心街の多くの店や企業がそこを離れ、西側で賑わうようになった住宅開発地区に移った。
  • ソ連崩壊後は観光地として賑わうようになっている。
  • 戦争が終わり、コンピュータに関する新聞記事や学術会議が賑わうようになる。
  • 同時に湖の周辺は、興味本位で円盤を見たがるばかりの観光客で賑わうようになっていく。
  • 日光が参詣客で賑わうようになったのはこの頃からである。
  • 高架下が店舗で賑わうようになるのは戦後、闇市によってだった。
  • 高野山参りが盛んになると京都から高野山への参詣道として賑わうようになった。
  • 池にはたくさんの水草も育ち、様々な生物で賑わうようになる。
  • また軍港としての役割のみならず、明治後期や大正にかけての時期には大陸航路を初めとして一般港としても賑わうようになった。
  • 大正期ごろより海水浴客で賑わうようになった。
  • 平安時代以降は官道としては機能しなくなり、代わって仏教信仰の広まりとともに寺院への参拝道として賑わうようになった。
  • その後は官道としての重要性は薄れたものの、仏教信仰の一般化に伴い、高野山参りが盛んになると参拝道として賑わうようになった。
  • この地域は幕末の1866年に作られた横須賀造船所や明治政府が横須賀鎮守府を設置したあたりから賑わうようになり、戦前は軍都横須賀の一地域として発展した。
  • しかし近年、駅の近くにクロスモール清武が開業した事により、買い物客で賑わうようになった。
  • 武家はもちろん庶民の利用も活発となり、広く親しまれる湯治場の一つとして賑わうようになった。
  • 龍神駅は不便な堺駅に代わる堺の新しい玄関口として、堺駅よりはるかに賑わうようになった。
  • 横浜国際劇場の閉館後、跡地にはウインズ横浜が建てられ、週末に馬券を求める人たちで賑わうようになった。
  • 明治時代の初めに外堀が埋め立てられ、浄土真宗の別院を参詣する人々で賑わうようになる。
  • しかし、1983年に徳島そごうをキーテナントとした徳島駅前再開発ビルアミコビルの開業後で人の流れが変わり、内町地区のほうが賑わうようになった。
  • 島後の西郷港は18世紀から北前船の風待ち、補給港として賑わうようになった。