資格商法

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 従来より資格商法などという言葉が存在しているように、生活において不安を持っているような者を対象として稼ぐというビジネスが存在してきた。 ...
  • 資格商法として似た名前の団体から勧誘されても、上記3団体以外が試験を実施することはないので、その点を理解して判断する必要がある。 ...
  • 環境に関する資格の中には資格商法も多く、民間による資格については、資格授与団体が主催する講座や通信教育の受講のみによって、資格の授与が行われるものを対象としない。 ...
  • この「資格」に法的根拠はなく、同社が実施する資格商法である。 ...
  • 同会が生み出した資格商法であり、何らの法令上の根拠を持たない。 ...
  • 資格商法同様、爵位や学位その他法令により国の定める資格や称号を除いて民間の称号を取り締まる法律がない故に発生し得る問題といえる。 ...
  • 法令で規定されたものではないため、業界によっては一定の能力担保がされていると認知されている資格から、「資格商法」で与えられるような社会的な評価が低いもの、企業が自社の活動のために従業員に対して付与するも、社外では通用しない社内資格まで存在する。 ...
  • シスコシステムズを始めとした営利企業による認定試験やこれらに対応するパソコンスクールも数多く存在し、とりわけ若年層への就職意欲を刺激した資格商法が成功を収めている業界である。
  • 一方で、資格の知名度が低い場合、或いは専門性や難易度が低く、同様の資格がいくつも氾濫していて技術の証明に不十分である場合もあれば、或いは存在しない資格があたかも将来、国家資格なり公的資格になるという形で取得の講座受講を勧誘する資格商法という形で悪用される場合も少なくない。 ...
  • コーチ養成組織には資格商法としか言えないものも少なくなく、数日の訓練を受けて料金を払えば「認定マスターコーチ」を名乗ることもできる。 ...
  • 資格商法とは、「就職に有利」、「資格を必要とする仕事を提供する」などといい、資格取得のための通信教育費用や授業料を支払わせる商法のことをいう。
  • また、かつて発明学会が中心となりすすめられた「特許管理士」という資格商法は、単なる民間資格にすぎず国家資格である弁理士と理解を混合させる恐れがあるとして、商標登録が無効とされている。 ...
  • これを資格商法または、士商法という。 ...
  • 以下に資格商法の汎用例と付記を記す。 ...
  • 代表を務める他の宗教法人に「在家僧侶養成講座」なる資格商法を展開する、宝榮会妙法寺がある。 ...