責める口調

19 の用例 (0.00 秒)
  • 「五侠会には負担させろ」漢族の男が責める口調で藤井兄に言った。 打海文三『裸者と裸者(下) 邪悪な許しがたい異端の』より引用
  • と江葉はべつに責める口調ではなく言った。 酒見賢一『後宮小説』より引用
  • 思わず責める口調になっていた。 三浦綾子『ひつじが丘』より引用
  • おどおどとした言い方の中に、相手を責める口調がある。 畠中恵『ぬしさまへ』より引用
  • ユーシスは、責める口調にならざるをえなかった。 荻原規子『西の善き魔女1 セラフィールドの少女』より引用
  • 大団円を壊された僕は、ちょっと責める口調になった。 古沢良太『原作・脚本/相田冬二 ノベライズ キサラギ』より引用
  • 冴子は頭を起こし、少し責める口調で言った。 深谷忠記『房総・武蔵野殺人ライン』より引用
  • いつしか、わたしは、彼を責める口調になっていた。 喜多嶋隆『ビーチサンダルで告白した』より引用
  • 責める口調ではなかった。 新津きよみ『婚約者』より引用
  • 「きみつにはそれぞれレベルがあるからね」 「我々の協力がなけりゃ、シティの治安は維持できないんだぜ」姉妹は責める口調で言った。 打海文三『裸者と裸者(下) 邪悪な許しがたい異端の』より引用
  • つい責める口調になった。 高橋克彦『前世の記憶』より引用
  • 書簡は徐々にセイヤヌスを責める口調を帯びてゆき、その最後で決定的にセイヤヌスを弾劾していた。
  • 西は辰夫を責める口調になる。 小林信彦『夢の砦』より引用
  • 責める口調ではない。 小野不由美『十二国記 10 華胥の幽夢+漂舶』より引用
  • 「おかしいだろ」大学生が責める口調で言った。 打海文三『裸者と裸者(上) 孤児部隊の世界永久戦争』より引用
  • 責める口調で永瀬さんは言う。 山本文緒『プラナリア』より引用
  • 吉山が責める口調で言った。 初野晴『漆黒の王子』より引用
  • 盃をかさねるにつれ、野村はしだいに学海を責める口調になった。 白石良夫『最後の江戸留守居役』より引用
  • いつもの、責める口調で夏江が切り出した。 山藍紫姫子『花夜叉』より引用