責めるわけ

133 の用例 (0.01 秒)
  • だから剣藤の、訊いておいてのそんな無知を責めるわけにもいかない。 西尾維新『悲鳴伝』より引用
  • 家をはなれて一人つきりになりたい欲望は、これは責めるわけにいかんよ。 岸田国士『光は影を』より引用
  • 前日は一睡もしないで飲みだしたのだから、彼を責めるわけにはいかない。 山口瞳『草野球必勝法』より引用
  • そう言われても、先輩方はまさか四百石取りの嫡男を責めるわけにはいかない。 浅田次郎『壬生義士伝 上』より引用
  • こればかりは宇宙うちゅうに来てみないとわからないのだから、誰をめるわけにもいかない。 野尻抱介『ロケットガール 04』より引用
  • 決して、犬だけを飽きっぽいと責めるわけにいかない普遍的現象である。 荻昌弘『男のだいどこ』より引用
  • といって何も知らないあなたを責めるわけじゃありません。 ドイル『海軍条約文書事件』より引用
  • いやいや、震えているからといって、手ばかりを責めるわけにはいかない。 ブラウン『天の光はすべて星』より引用
  • 下田が失望をおぼえたからといって、彼一人を責めるわけにはいかなかった。 森村誠一『新幹線殺人事件』より引用
  • それを面と向かって責めるわけにもいかないので、ずっと悔しく思っていたのだ。 大塚ひかり『源氏の男はみんなサイテー ―親子小説としての源氏物語』より引用
  • いやウエイトレスを責めるわけじゃないが、いったいどちらがいいんだろう。 赤瀬川原平『優柔不断術』より引用
  • お前さん方が、おれが誰様だか知らねえとすれば、そうひどく責めるわけにもゆくまい。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『06 気ちがい科学者』より引用
  • だからと言って美樹を責めるわけにもいかないではないか。 峰隆一郎『殺人特急逆転の15分』より引用
  • 考えてみれば、宗介を一方的にめるわけにもいかない。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集02 本気になれない二死満塁?』より引用
  • 過去を責めるわけではないが、ぼくの黒い疑惑は濃くなるばかりだ。 胡桃沢耕史『女探偵アガサ奔る』より引用
  • 彼女にとっても幻滅なのだから、夫は責めるわけにはゆかなかった。 松本清張『馬を売る女』より引用
  • あの兄妹が見舞いに来ないからって、責めるわけにはいきませんよ。 横溝正史『仮面劇場』より引用
  • だれのせいでもなく、むっつり顔をしたと言ってだれを責めるわけにもゆかないのだ。 シリトー/丸谷才一・河野一郎訳『長距離走者の孤独』より引用
  • そりゃあ、あなたの見解からすれば、あなたを責めるわけにはいきません。 クイーン/田村隆一訳『Zの悲劇』より引用
  • 君としてはあらゆる予防策を講じたことでもあるし、誰も君を責めるわけにはゆきません。 ドイル/延原謙訳『シャーロック・ホームズの帰還』より引用
  • 次へ »