責めるような目つき

11 の用例 (0.00 秒)
  • と、そこには責めるような目つきで恭介を見上げる秋篠香澄あきしのかすみの姿があった。 三雲岳斗『レベリオン 第03巻』より引用
  • 姉の二人も別にその事実を突きつけもしませんけど、どうしても責めるような目つきで見られるんです。 サキ『ザ・ベスト・オブ・サキⅠ』より引用
  • ロンが、ハリーを責めるような目つきで見ながら言った。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 07 ハリー・ポッターと死の秘宝 (暫定訳)』より引用
  • テッサがめるような目つきで、こちらをにらんでいたのだ。 賀東招二『フルメタル・パニック!06 踊るベリー・メリー・クリスマス』より引用
  • 知美は不思議そうな顔で口元をとがらせ、半ば法子を責めるような目つきになる。 乃南アサ『暗鬼』より引用
  • 州波は責めるような目つきで芹沢を見た。 幸田真音『傷 邦銀崩壊(下)』より引用
  • 見ると、その顔は涙に泣き濡れて、じっと責めるような目つきでジェルマンを見つめている。 サンド/宮崎嶺雄訳『魔の沼』より引用
  • 責めるような目つきでマナ姉がぼくをちらりと見る。 角田光代『空中庭園』より引用
  • ジターノは責めるような目つきで少年をただ見つめていたが、やがて落ちた鹿皮をひろい上げると、美しい刃をそれでしっかりと包んだ。 スタインベック/龍口直太郎訳『赤い小馬』より引用
  • 珠晶はあのね、と恵花を責めるような目つきをする。 小野不由美『十二国記 08 図南の翼 小野不由美』より引用
  • と責めるような目つきで川島敦志を見やった。 法月綸太郎『生首に聞いてみろ』より引用