貧民夜会

12 の用例 (0.00 秒)
  • エニラ師の息がかかった連中は、貧民夜会地区にもいるだろう。 菊地秀行『トレジャー・ハンター14 エイリアン魔神国 完結篇2』より引用
  • 急いで車へ戻し、おれは貧民夜会地区へと向かった。 菊地秀行『トレジャー・ハンター14 エイリアン魔神国 完結篇2』より引用
  • 貧民夜会地区へ乗り入れると、成程、ゲリラ本部のある方から黒煙が上がっている。 菊地秀行『トレジャー・ハンター14 エイリアン魔神国 完結篇2』より引用
  • とにかく、それ以後は何のトラブルもなく、おれたちは貧民夜会地区の倉庫に辿り着いた。 菊地秀行『トレジャー・ハンター14 エイリアン魔神国 完結篇2』より引用
  • さて、上陸地点だが、おれは『貧民夜会』の港か、首都サヴィナの近くと思っていた。 菊地秀行『トレジャー・ハンター11 エイリアン魔神国 中』より引用
  • おれが、本当におやと思ったのは、さんざん貧民夜会地区を走りまわった車がそこを出て、サヴィナ市の郊外へと向かったときだ。 菊地秀行『トレジャー・ハンター14 エイリアン魔神国 完結篇2』より引用
  • おれが喚いた瞬間、車は貧民夜会地区へ入った。 菊地秀行『トレジャー・ハンター14 エイリアン魔神国 完結篇2』より引用
  • いくら物騒さが売り物の貧民夜会地区でも、手榴弾の爆発と火炎は注目を浴びるにちがいない。 菊地秀行『トレジャー・ハンター14 エイリアン魔神国 完結篇2』より引用
  • 「シンの右の心臓」を届けた礼にと、貧民夜会地区の武器商人パシャ・ヘベレがくれた心理的透明薬は、見事に大役を果たしたのだ。 菊地秀行『トレジャー・ハンター14 エイリアン魔神国 完結篇2』より引用
  • 翌日の早朝、おれとシュミットは貧民夜会地区の一角に、妖草師ピゲロを訪ねた。 菊地秀行『トレジャー・ハンター14 エイリアン魔神国 完結篇2』より引用
  • やがて、割譲期限が終了し、イギリスが手を引いても、『貧民夜会』は頑としてそこに存在し、得体の知れぬ建物や路地が連なるあちこちから、日ごと夜ごと、拳銃の音や悲鳴が絶えないとされる。 菊地秀行『トレジャー・ハンター11 エイリアン魔神国 中』より引用
  • 貧民夜会地区で最も古い映画館だけあって、頑丈この上ない石づくりのうえ、避雷針もばっちりだから、たやすくは参らない。 菊地秀行『トレジャー・ハンター14 エイリアン魔神国 完結篇2』より引用