財布を盗む

20 の用例 (0.00 秒)
  • おれの財布を盗みでもしない限り、そんなチャンスは一度もなかったはずだ。 中野順一『セカンド・サイト』より引用
  • 男性のお尻のポケットからすれ違いざま財布を盗む技術も独自に習得した。 永沢光雄『風俗の人たち』より引用
  • それを知り同情したメリッサは、彼女にワザと財布をぬすませているのだという。 水野良『魔法戦士リウイ 第00巻』より引用
  • ロネガンは負け金を支払おうとしたがその時初めて財布を盗まれたことに気づいた。
  • その金のために、私は祖母の死体から財布を盗んだのだ。 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • 母をぬすむ者の財布を盗むは何でもないと思ったのであろう。 徳冨蘆花『みみずのたはこと』より引用
  • 彼のせいで私は小遣いをなくし、祖母の死体から財布を盗む羽目になったのだ。 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • あるいはシマの財布を盗んで隠すために五年もかけてあの山をこしらえたのかも知れないのだ。 坂口安吾『保久呂天皇』より引用
  • 彼は母の財布を盗み、金を抜き取って、空の財布を料理番の寝室にかくしたのだ。 マンスフィールド/江上照彦訳『園遊会』より引用
  • ビリーが車内の狭い通路でロネガンの財布を盗むことに成功した。
  • それだけでも始末のつかないところへ僕の弟はそのあいだにおふくろの財布さいふを盗むが早いか、キネマか何かを見にいってしまいました。 芥川竜之介『河童』より引用
  • 誰かが仲間の一人の、ずっしり入っていた財布を盗み、盗まれた者が騒ぎだしたのだった。 ヴィドック/三宅一郎訳『ヴィドック回想録(1)』より引用
  • そこで証拠品を片づけたり、黒田の財布を盗んだり出来る筈です。 福永武彦『加田伶太郎全集』より引用
  • 二人の関係は、ジョニーがリゾート客の財布を盗んだという嫌疑をかけられた際に明らかになる。
  • それだけでも始末のつかない所へ僕の弟はその間におふくろの財布を盗むが早いか、キネマか何かを見に行つてしまひました。 芥川竜之介『河童』より引用
  • 去年の夏、上野公園内で酔っ払いの財布を盗んで逮捕されている。 西村京太郎『座席急行「津軽」殺人事件』より引用
  • 黒人男性がナイフで足を刺され、大金が入った財布を盗まれた。
  • そもそも汝はこの財布を盗みしことを、みずから認めるやいなや、申せ。 佐藤正彰訳『千一夜物語 01』より引用
  • 自分が婆さんの財布を盗んだことも、誰も知らない。 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • その盗賊は、その猫の目なる盗賊少女が、連続してメリッサから財布を盗んだのを目撃もくげきして、彼女のことを上客じようきやくだと思ったのだという。 水野良『魔法戦士リウイ 第00巻』より引用