負け越す

全て 動詞
61 の用例 (0.00 秒)
  • しかし、同場所では負け越し、上位への進出は果たせずに終わっている。
  • オーランドに所属した9年間は1度もチームが負け越すことはなかった。
  • 負け越しとは、主にスポーツで負けの数が勝ちの数よりも多くなることである。
  • また同一カード内の連戦でも負けが多くなる場合を負け越しと呼ぶ。
  • 幕内出場11場所で一度も負け越しはないが引き分けがかなり多かった。
  • ジョー・ジラルディは、史上初の負け越したチームからの選出となった。
  • 十両2枚目で迎えた11月場所では千秋楽で負け越して新入幕を逃した。
  • 新十両の場所は注目を集めたが3勝12敗と負け越し、幕下に陥落した。
  • 翌1980年は大きく負け越したが、前年と同じく5勝を挙げている。
  • しかしその後は2場所連続で負け越して11月場所では幕下に戻った。
  • この年がミラーにとって始めて負け越しを経験するシーズンとなった。
  • ただし、これだけの活躍にもかかわらず通算成績は負け越している。
  • 降格こそ逃れたものの負け越したため、シーズン終了後に解任された。
  • 再十両の場所から負け越すことなく1995年3月場所に新入幕を果たした。
  • 新入幕で迎えた2012年1月場所は9日目からの6連敗で負け越した。
  • 前場所で負け越したものの翌9月場所でも西関脇の位置に留まった。
  • 負け越しつつも十両に残留することが多く、番付運には恵まれている。
  • プロでは即戦力の投手として期待されていたが、1年目から大きく負け越し。
  • 十両復帰を目指して同場所も相撲を取ったが、3勝4敗と負け越した。
  • しかし2006年は故障者の続出もあって再び負け越しでシーズンを終えた。
  • 次へ »