豪けれ

全て 形容詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • なお一年よりも二年着ておればえらいとめられるような風習であります。 ...
  • なお一年よりも二年着て居ればえらいと讃められるような風習であります。 ...
  • 世間の人の考えているより、僕はむしろも少し豪い人のように思いましたね。 ...
  • 続いて日ごとに新聞紙上にあらわれるえらい人々のライフをも描いてみた。 ...
  • ちんのくさめをしたような顔をしているけれど、それがえらいんだとさ。 ...
  • わたしはQのどこがえらいのかこのごろどこからもかんじることが出来できない。 ...
  • 興味がなかったからではなく、実はえらく興味があったからである。
  • あるいは、この村では一番豪い人物かもしれないと想像されるふしも感じる。 ...
  • 困るなあ、変な虫がついたことが敦っちゃんの兄貴に知れたらえらいことだぞ。 ...
  • そのラマというのはシナの和尚おしょうに似たような者であるがそれよりもまだえらい。 ...
  • 小さな女の子にはそれがえらい楽しみなものでございました。
  • まあ何でも可いから勉強してえらい者になつて下さいよ。
  • 豪く短いつき合いでしたが、何か弟子にでもなったような感じを持っていたもので。 ...
  • それよりも豪いのはインドで、女人その身を僧に施すを功徳と信じた。 ...
  • その後戦争が始まり、それも終わって、世の中も豪く変わりました。 ...
  • とうとうえらい奴等が根を固めて置いて謀叛して、 こんな宣言をしました。 ...
  • 彼女の歩んだ人生に比べるなら、私の人生などえらく起伏のない人生である。 ...