豪い者

9 の用例 (0.00 秒)
  • まあ何でも可いから勉強してえらい者になつて下さいよ。 小山内薫『反古』より引用
  • 何でもいいから豪い者になれよ、いつまでも、世の中に用が無くならねえようにな。 豊島与志雄『黒点』より引用
  • 彼は俄に恐ろしい豪い者になったのを知った。 豊島与志雄『狐火』より引用
  • 誰が云うのか、彼女には豊かな霊能があるから、それを磨けば何でも見透せるようなえらい者になる。 大倉燁子『魔性の女』より引用
  • うむそうか、お前は豪い者になるんだったな。 豊島与志雄『黒点』より引用
  • つまるところ志を立てなければえらい者になれない訳であるが、頭山翁の生涯を見ると、その志なるものを立てた形跡がない。 夢野久作『近世快人伝』より引用
  • 古往今来、あらゆる英雄豪傑は皆、えらい者になろうと志を立ててから、その志に向って勇往邁進まいしんしたに相違ない。 夢野久作『近世快人伝』より引用
  • 昔人多からざりし世に猴ばかり住んだ地方ありしは疑いなく、さてタイラーも言ったごとく、未開時代には猴を豪い者とし、人を詰まらぬ者とし過ぐる事多かったに付けて、かく他の諸動物にすぐれて多勢で威を振うを見て、その地の所有権は猴にあるごとく認めたのだ。 南方熊楠『十二支考』より引用
  • 今に豪い者になるぞ。 豊島与志雄『人間繁栄』より引用