豊かな土壌

22 の用例 (0.00 秒)
  • 黒い、豊かな土壌は長い年月の腐れ物で自然に肥沃ひよくになっていた。 ホーソン/鈴木武雄訳『七破風の屋敷』より引用
  • エラズーの地域は鉱物資源に富み、健康的な気候で、豊かな土壌である。
  • 残った灰が土壌を改善し数年間は豊かな土壌となった。
  • すべての植物はそれぞれに魔法の力をもっているが、どんなまじないをもってしても、光と水と豊かな土壌とを必要としないわけにはいかない。 ピアズ・アンソニイ『魔法の国ザンス01~カメレオンの呪文~』より引用
  • 紅白の砂が含まれるランゴルサイムの豊かな土壌は19世紀後半以降、集中的に採集された。
  • また、干潟は上流より運ばれてきた養分豊かな土壌となっているため、数多くの海洋動物はここで孵化期を過ごしている。
  • この辛さの向こうに待っている豊かな土壌を夢見て、拓一は小柴をぞっくりと底に敷いていく。 三浦綾子『続泥流地帯 草のうた』より引用
  • 耕作を期待できる豊かな土壌ではあったが、現代のような揚水ポンプもなく、十分灌漑できないことが問題だった。
  • ロングアイランドの気候が沿岸性であることや、豊かな土壌があることからワイン生産に適している。
  • 当人の言葉通り、豊かな土壌に育った南部人の妻は、この点、北部の貧土に育った人々より、比較的恬淡てんたんとしている。 近藤紘一『戦火と混迷の日々』より引用
  • 古代より豊かな土壌で知られたメソポタミアの中心として、また東西交易の重要な中継地としての役割を担い、パルティア滅亡後にサーサーン朝ペルシアの時代になっても首都が置かれて政治と経済の中心地であり続けた。
  • 豊かな土壌を持つ西部はソ連の大穀倉地帯として、また良質の石炭・鉄鉱石を産出する東部は重工業地帯として大いに成長する中で、多くのロシア人などが移住した。
  • 穀物生産と豊かな土壌から、ポルトガルでは「パンのバスケット」として知られる地域である。
  • 東方からの新たなスラヴ人たちの移住は豊かな土壌を求めるものであったが、それ以上にフン人、アヴァール人、マジャール人らの東方の人々が東欧、中欧への侵略を始めたため、彼らの影響を避けるために西へ移動したという事情があった。
  • そしてオハイオ州の柔かな豊かな土壌は、周知のとおり、ぬかるみの製造にはじつによく適していたのである。 ストウ/山屋三郎・大久保博訳『アンクル・トムズ・ケビン(上)』より引用
  • これが不正腐敗を培う地味豊かな土壌となったのです。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 豊かな土壌や有明海の海の幸にはぐくまれた熊本市地区は古来からの居住形跡があり、旧石器時代から古墳時代にかけての遺跡が市内各所で多数確認されている。
  • 豊かな土壌に恵まれたウクライナでも、課せられた収穫高の達成は困難で、更に当局による厳しい食料徴発に耐えられず、不満を表明する動きが現われた。
  • 向かって右に位置する部分には、山、緑の植物、キューバの国木ロイヤル・パルムからなる紋章の風景があり、キューバの豊かな土壌を表している。
  • 日照時間が長く、豊かな土壌を持ち、3つの大きな川の豊かな水量から酪農、畜産、園芸、農業、ワイン醸造用ブドウの栽培など多くの農産品を栽培・生産している。
  • 次へ »