谷田村

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • かつて存在した自治体については谷田村を参照。 ...
  • かつての大谷田村は比較的広かったため、氷川神社が3社もあった。 ...
  • これは谷田村が成立以後に定着した。 ...
  • 村名は江戸時代から存在した谷田村の谷、清戸村の清を組み合わせて谷清村となった。 ...
  • 大谷田村がいつから開発されたのか詳細は分かっていないが、江戸時代初期の元和年間には「大谷田」の記述が初めて記載される。 ...
  • 八郎たち四人は、入間郡に入るとはじめに小谷田村に住む同志北有馬をたずねた。 ...
  • 大谷田村が開かれたのもこの頃と推測されるが、1616年に伊奈半十郎忠治から開発許可状が出されたのが、記録上最初の登場となる。 ...
  • 現在では「大谷田」の名称は大谷田村の村域の大半を継承した大谷田に住居表示として残る。 ...
  • 佐野新田は文禄2年に開発されたが、当時はまだ大谷田村の分村のような扱いをされており、1つの村としてみなされるようになったのは元和元年のころとされている。 ...
  • 西は碧海郡半城土村、北は中村や谷田村、東は篠目村や安城村、南は高棚村と接していた。 ...
  • 大谷田村の鎮守であった。 ...
  • 大谷田村とは、1616年から1889年まで存在した武蔵国足立郡のち東京府南足立郡の村。 ...
  • 谷田村は、埼玉県北足立郡に存在した村。
  • また、茨城郡谷田村にも菊池氏が見える。 ...
  • 東淵江は明治維新以後、小菅県への編入や大区小区制で名称を奪われたりと、せわしない変遷を経てようやく1889年の市制町村制の施行で大谷田村、佐野新田、長右衛門新田、蒲原村、北三谷村、普賢寺村の6箇村を統合して、東京府南足立郡東渕江村となった。 ...