譴責

全て 名詞
441 の例文 (0.01 秒)
  • それを譴責けんせきしたところが大いに怒って私のこの横腹へ刀を突き込んだ。 ...
  • タンピエの意図がこの譴責を出すことであったのかは明らかではない。 ...
  • ギィ・グッガに譴責けんせきされたことが、実感として了解りょうかい できたからである。 ...
  • これに関連したのか戦後に家康より譴責があったが、閏6月に許されている。 ...
  • といって、禁圧しなければ長崎奉行自体が譴責けんせきされなければならないのだ。 ...
  • 全学を通じ十三名の学生が譴責けんせきを受け、三名の学生の停学が解除されている。 ...
  • で、同人が寄り集るとその譴責やら弁解が盛んに交換されるやうになつた。 ...
  • また、いまとなっては、どう義貞を譴責けんせきしてみたところで始まらない。 ...
  • この決定は、明らかに、長崎奉行の独断に対する一種の譴責けんせきを含んでいた。 ...
  • パトリチェフは、ヤンの身分について不必要な発言をしたので、譴責けんせき処分。 ...
  • ロドニーはエリオットをジブラルタルに残して来たことを譴責された。 ...
  • その描写は風刺の域を超えているため譴責小説と呼ばれる。
  • 彼が前記の中学校の校長であったとき、不勉強な生徒を譴責けんせきする折があった。 ...
  • しばらくして、長孫平は譴責にあい、尚書として検校汴州事に出された。 ...
  • ただ少しばかりの譴責は当然受けなければならない。
  • 勘事とは、上官の譴責を受けて出仕の差し止めなどの処分を受けること。 ...
  • 高重力世界人たちは、公式に譴責けんせきされなければならないだろう。 ...
  • 次へ