譲る

全て 動詞
2,568 の用例 (0.01 秒)
  • どいつもこいつも自己主張ばかりしやがって譲るということを知らない。 塩田丸男『天からやって来た猫』より引用
  • でも、この子に運が向いて来たと思ったもんだから、譲ってやったのに。 ガードナー/能島武文訳『ビロードの爪』より引用
  • 高齢者が立っていても席をゆずったものかどうか迷っている様子でもない。 森真一『ほんとはこわい「やさしさ社会」』より引用
  • 現在はエンジンにその機能の大半が譲られる形となり廃止されている。
  • 女の人は笑ったが、リンネにすればこの点は絶対にゆずれぬところである。 清野静『時載りリンネ!1 はじまりの本』より引用
  • 陸軍がこれを絶対に譲らないというなら戦争を避けることはできない。 五味川純平『御前会議』より引用
  • 伯父が私に財産を譲って呉れなくなるだろうと話したことがあるのです。 ベルナノス『田舎司祭の日記』より引用
  • もし言ったとしても、私が譲らないこと、知ってるのかもしれないわね。 森瑤子『秋の日のヴィオロンのため息の』より引用
  • 百歩譲って仮にそうだとしても、そのようになった過程が信じられない。 森村誠一『黒い墜落機(ファントム)』より引用
  • わたしも、法律で許されるかぎりの財産を譲るように遺言しておいたわ。 バルザック/佐藤朔訳『従妹ベット(下)』より引用
  • 狭い廊下ですれ違っても、なかなか学生の方から道を譲ろうとはしない。 姉小路祐『殺意の法廷』より引用
  • これらの所説の哲学史的の意義については他の哲学書に譲るほかはない。 寺田寅彦『ルクレチウスと科学』より引用
  • 百歩譲って自殺でないとしても、意識的に飛び降りたことは間違いない。 歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』より引用
  • その点ではわたしはお前と考えが違うのだから、わたしは一歩も譲らない。 福永武彦『風土』より引用
  • 長職は長寛の養嗣子となり、成長した後に家督を譲られることとなった。
  • そこを百歩譲ったとしても、今度はその炎によって女の存在が否定される。 秋山瑞人『龍盤七朝DRAGONBUSTER 第一回(電撃hp vol.43)』より引用
  • それは譲れぬものを賭けた者だけが口にできる、断固とした言葉だった。 虚淵玄『Fate/Zero Vol.4 「煉獄の炎」』より引用
  • 戻らなければ死ぬと他人に断言されても、自分の考えを譲ろうとしない。 エディングス『マロリオン物語05 疫病帝国』より引用
  • マリーナが来てから、寝台を二人の女に譲って、彼は畳の上で寝ていた。 宮本百合子『街』より引用
  • 他人にゆずるつもりがないのではなく、そういうことになっているのだ。 谷川流『涼宮ハルヒの溜息』より引用
  • 次へ »