譲り受ける

全て 動詞
220 の用例 (0.00 秒)
  • 田毎はただ、親から譲り受けた財産と技術を守っているだけでよかった。 泡坂妻夫『折鶴』より引用
  • 女は過去に風介と結婚していたのだが彼を殺害し、財産を譲り受けていた。
  • おれがこの店を譲り受ける気になったのも、結局はこの部屋のせいだ。 馳星周『不夜城』より引用
  • そしてその成果を、アイラはゆずり受ける権利けんりを持っているということだ。 水野良『魔法戦士リウイ 第02巻』より引用
  • あとは親から譲り受けたこの家を売り払って、身軽な身体になるだけだ。 伊岡瞬『いつか、虹の向こうへ』より引用
  • 声の主はその二人から、無料でこの小屋を譲り受けたとのことだった。 西尾維新『ニンギョウがニンギョウ』より引用
  • 廃止後に家の梁として使うために譲り受けたものと推測されている。
  • 私は男をつけあがらせる才能を知らないうちに母から譲り受けていたのです。 内田春菊『息子の唇』より引用
  • それにしてもいつの間にこんな車を高畑先生から譲り受けたのだろうか? 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • その際、エジソンから譲り受けた個人的な品や発明品の多くが焼失した。
  • 元裕紀は、明煌が拒めば黒式尉の面を譲り受けることになっていたのだ。 山藍紫姫子『花夜叉』より引用
  • 私は先生をやめるとき、この娘を女中に譲り受けて連れて行こうかと思った。 坂口安吾『風と光と二十の私と』より引用
  • 戦後、国が管理していたものを市が譲り受け再整備し博物館として開館した。
  • 大阪に移り大阪初代伯龍の弟子となり、大阪初代から伯龍の名を譲り受けた。
  • それだけ、昔は男子死亡率が高くて、嫁の譲り受けが多かったのかな。 内田春菊『息子の唇』より引用
  • おれはその中の一人と話をつけ、パスポートと外国人登録証を譲り受けた。 馳星周『不夜城』より引用
  • 彼等兄弟は、多かれ少なかれ、この母の傾向を譲り受けていたのである。 江戸川乱歩/紀田順一郎編『江戸川乱歩随筆選』より引用
  • 生徒会連合の追及から解放してやる代わりに遠坂から俺が譲り受けたものだ。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 10 もうひとつの撤退戦』より引用
  • これは茨城県の神峰公園から譲り受けたもので、動態保存の構想がある。
  • その縁で後に国際興業は東京急行電鉄からバス事業を譲り受けている。
  • 次へ »