議会の同意

72 の用例 (0.01 秒)
  • 大統領は首相その他の大臣の任命・指名に関して議会の同意を得る必要がある。
  • 欧州委員会委員長は欧州理事会が指名し、欧州議会の同意を受けて任命される。
  • 準州議会で成立した法律は効力を発揮するために連邦議会の同意を必要としなかった。
  • 但し、議会の同意があつたときは、会議に出席し、発言することができる。
  • 地方公共団体の長が、議会の同意を得て、以下から委員を選任する。
  • 委員の任命は、議会の同意を得て、地方公共団体の長が行う。
  • 国王大権は手続き上議会の同意を必要とせずに行使されるが、制限はされている。
  • 副市町村長は市町村長が指名し、市町村議会の同意を得て選任される。
  • 委員は、地方公共団体の長が、議会の同意を得て、任命する。
  • 欧州連合条約の規定では、連合の拡大は欧州議会の同意と既存の加盟各国の合意が必要とされている。
  • 首相は、議会の同意により大統領が任命する。
  • またマーストリヒト条約では、拡大には既存の加盟各国と欧州議会の同意を得なければならないと定められている。
  • 収入役は、市町村長が議会の同意を得て選任し、任期は4年である。
  • 大臣は、議会の同意に基づき大統領によって任命される。
  • 今日においても、大権に属するいくつかの権能は大臣らによって議会の同意なく行使される。
  • また、委員は、議会の同意等を経た上で選任される。
  • 旧・教育委員会法は、教育委員会の委員を住民による公選としていたが、この法律では、地方公共団体の首長が地方議会の同意を経て任命することに改められた。
  • 教育委員会法は、教育委員会の委員を住民による公選としていたが、この法律では、地方公共団体の首長が地方議会の同意を経て任命することに改められた。
  • ただし同条第3項の規定により、国王は議会の同意を得たうえで、王位継承権を剥奪された人物の継承権を回復することが出来る。
  • その運用制度は厳しく、正当な理由なく議会の同意無しでは軍隊を動員することができない。
  • 次へ »