譬喩

全て 名詞
335 の例文 (0.00 秒)
  • 稀に象徴的な効果を持つて居るものもあるが、大抵単なる譬喩歌である。 ...
  • しかしながらそのことは決して譬喩性よりの解放を意味せぬのである。 ...
  • 噴火を地神の慟哭どうこくと見るのは適切な譬喩ひゆであると言わなければなるまい。 ...
  • いま口にした言葉も、決して、もってまわった譬喩ひゆではなかった筈である。 ...
  • そこにいうところの梅花は前にいったとおり一つの譬喩に過ぎない。 ...
  • 模写というのは勿論原物が鏡に像を写すことからの譬喩の言葉だった。 ...
  • 余は最初より大人と小児の譬喩たとえを用いて写生文家の立場を説明した。 ...
  • こんな譬喩ひゆを用いて、私はごまかそうとしているのでは決してない。 ...
  • 詩人は言葉とこゝろと大小相掩はざる諸譬喩を出すことを好むものなり。 ...
  • 無論このような譬喩は意識を説明するには適切であるであろう。 ...
  • このような立場では、受肉は譬喩的な表現に過ぎないことになる。 ...
  • 寄物陳思・譬喩歌の二つの部類が出来たが、比・興と言ふ程の区別もない。 ...
  • それを今くり返して見ると、そう言うのは、多くは、譬喩ひゆ詩に過ぎなかった。 ...
  • 予が譬喩の句を好みしはこの知識上の作用、即ち理窟を含みしがためたり。
  • 徹底的譬喩性の範圍内においては表現法の變化や進歩は見られるであらう。 ...
  • この徹底的象徴性がしかも觀念的表現に移されるのが徹底的譬喩性である。 ...
  • 釈迦が譬喩ひゆに云った事を出家が真に受けているのが可笑おかしいというのである。 ...
  • 次へ