識蘊

30 の例文 (0.02 秒)
  • 一般には玉蘊と呼称されるが、地元尾道ではと伝えられ呼称されている。 ...
  • 教会の教理では神の恩寵は人間が認識できるものではないとされていた。 ...
  • また路線や列車の識別を狙って、路線ごとに異なる色を採用する例もある。 ...
  • このような認識は少なからざる人々の間で語られるが、数的根拠はない。 ...
  • 衆生と生命でない物質との境は、ある存在が識を持つか否かで区別される。 ...
  • 他の標識に合わせた色・文字体変更がなされたが、形状は変更されていない。 ...
  • 白色矮星の異常な暗さが初めて認識されたのは1910年のことである。 ...
  • これは同線の駅の多くがJR型配線であるためその識別であると思われる。 ...
  • カッコ内の名称は、一般的な地図や道路上の標識に記載してある名称。 ...
  • 識を含むどのような行為も一刹那だけ現在して、過去に過ぎて行く。 ...
  • 十数年前には、森蘊の友人の孫が、弟子入りしていた時期もある。 ...
  • これは空想ではなく、歴史的な経験知識に基づく時代画期と考えられる。 ...
  • さらに、前五識に作用すると、外界の現象から縁を受けることもある。 ...
  • また歴史認識に重要な影響を与える史料が現代まで残されていない場合がある。 ...
  • そこからこの時期、玉蘊は名を「豊」に戻していたと考えられている。 ...
  • 以下枠内が内容であり、その事実認識は国際連盟からの報告に依拠している。 ...
  • こうして新羅を敵と認識する考えは神国思想の発展へとつながっていった。 ...
  • 内部に特有の傷が無数にあり、これが天然ものの標識ともなっている。 ...
  • 符号に依存しない文字の識別手段として「文字の名前」が用意されている。 ...
  • これは主に、マウスの抗体はヒトに抗原認識されることが原因であった。 ...
  • 自衛のための戦争を行っている、という認識は双方の勢力に共通している。 ...
  • 江戸時代まで日本では北の境の認識が希薄だったといわれている。
  • これらの分野の発展が認識論に影響を及ぼす事が示唆されている。 ...
  • 新1000形の登場以降、識別のため旧1000形と呼ばれることがある。 ...
  • こうした一連の仕事によって熊楠の名は英国の識者たちに知られるようになった。 ...
  • この認識能力の自由な戯れを引き起こすものが美しいものといわれる。 ...
  • 前述のように、ヒドリガモとの雑種も見られるので、識別には注意が必要。 ...
  • この人物はのちに玉蘊の養子となり平田家を継がせ、弟子として教育した。 ...