謝る

全て 動詞
1,264 の用例 (0.01 秒)
  • こんな謝られ方して納得する者がいるんだろうかと思うぐらい空々しい。 米原万里『ガセネッタ&シモネッタ』より引用
  • そう、どうあれ少なくとも昨日の一件については謝らなくてはならない。 川原礫『アクセル・ワールド 01 -黒雪姫の帰還-』より引用
  • 目の前に由美子がいるような気がして、僕は何度も何度も、謝っていた。 山田悠介『8.1 Horror Land』より引用
  • 私は村越が喧嘩のことで謝りに訪ねてきたと思って飛び起きたのだった。 川上宗薫『流行作家』より引用
  • 相手が見えないとはいえ、悪くもないのに謝るのは、いい気分ではない。 藤ダリオ『出口なし』より引用
  • 何が悪かったんだか見当もつかないが、今すぐにでも謝ってしまいたい。 喬林知『今日からマ王 第03巻 「今夜はマのつく大脱走!」』より引用
  • わたしは、なぜ、やってもいないことで謝らなくてはならないでしょう。 井田真木子『プロレス少女伝説』より引用
  • 馬鹿ばかなことだとわかっていたことを、今やっと素直すなおあやまることができる。 香月日輪『大江戸妖怪かわら版② 異界から落ち来る者あり 下』より引用
  • 李逵は宋江に出された酒を飲むが、突然宋江は涙を流し李逵に謝り出す。
  • こういうとき、すぐに自分のみとめてあやまれないのが彼女の欠点だった。 賀東招二『フルメタル・パニック!06 踊るベリー・メリー・クリスマス』より引用
  • さすがの烈女も悲鳴をあげて謝ったので、ようやくその場は幕となった。 中村彰彦『侍たちの海 小説 伊東祐亨』より引用
  • 駅を見に行こうと言い出したのは僕だから、謝らなくてもいいですよ。 阿川弘之『南蛮阿房列車』より引用
  • 結局のところ、ユウリが謝る機会は永遠に失われてしまうことになった。 児玉ヒロキ『イット』より引用
  • 何も自分だけが謝ることはないと思うのだが、つい言葉が出てしまう。 赤川次郎『ゴールした花嫁』より引用
  • 園長はんには私からも謝ってあげるよって、何かほかのもんにしていな。 天藤真『大誘拐』より引用
  • ママは絶対にわたしに謝ったりしなかったから、わたしはびっくりした。 大石圭『檻の中の少女』より引用
  • 唯あの人の目の前で謝りさへ為たら、それで私は本望なのでございます。 尾崎紅葉『金色夜叉』より引用
  • あの最後の戦いについて、話したいこと、謝りたいことは山ほどあった。 九里史生『SAO Web 01』より引用
  • まさか、突然ジャスティーンがあやまってくるとは思ってもみなかったのだ。 高遠砂夜『レヴィローズの指輪01』より引用
  • 正直に謝ったとしても決して快よくゆるしてくれるとは思われなかった。 鮎川哲也『りら荘事件』より引用
  • 次へ »