謎の縊死

4 の例文 (0.00 秒)
  • 本作の、ビルの同じ部屋に滞在した人間が、全く同じパターンで次々と謎の縊死を遂げる、という展開については、類似した先行作品が存在する。 ...
  • なお、牧逸馬の『ロウモン街の自殺ホテル』は、1906年にパリののホテルで実際に起こったとされる事件を描いた犯罪実録だということになっているが、ホテルの同じ部屋に泊まった人間が次々と謎の縊死を遂げる、という、本作および『蜘蛛』『見えない眼』によく似た筋書きが展開される。 ...
  • ホテルの同じ部屋に泊まった人間が次々と謎の縊死を遂げる、という基本的な筋書きや、「模倣」が事件の謎にかかわってくる点など、『目羅博士』と類似点の多い作品であるが、結末は異なっている。 ...
  • 少年の義父である松村平助はブローカー業をしており、母親、美代子の述べるところによると、真一の実父は真安という帝大出の文学士であったが、美代子の父母の死と同時に肺結核に冒されて、奇跡的に一命を取り留めたと思った真一が3歳の頃に、謎の縊死をとげたという。 ...