諸住公子

20 の用例 (0.00 秒)
  • カウンターの前に立った諸住公子と連れの男が、並んで写っている。 勝目梓『その死を暴くな』より引用
  • 保険調査員が諸住公子のことを知ったとなれば、相手にとっては圧力となるだろうと考えたのだ。 勝目梓『その死を暴くな』より引用
  • 諸住公子と、彼女と一緒に保険金を受取りに銀行に現われた男の二人は、顔まで判っているのだ。 勝目梓『その死を暴くな』より引用
  • 黒崎の車の車種やナンバーが、諸住公子たちにすでに知られているおそれがないとはいえなかった。 勝目梓『その死を暴くな』より引用
  • 諸住公子は、おれの女房とそっくりの顔してた。 勝目梓『その死を暴くな』より引用
  • 諸住公子に付いてる男がいるだろう? 勝目梓『その死を暴くな』より引用
  • 男と久美子がそれを知っていれば、伊奈が長崎や福岡に来たことから、諸住公子の名を知った経緯がおのずと知れるはずではないか。 勝目梓『その死を暴くな』より引用
  • 謎に包まれているのは、諸住公子がなぜ双生児の妹に当る直子の命を金に替える企みに加わったのか、という点である。 勝目梓『その死を暴くな』より引用
  • 諸住公子のうめくような声を、伊奈は背中で聞いた。 勝目梓『その死を暴くな』より引用
  • ドアのネームプレートには、諸住公子の名があった。 勝目梓『その死を暴くな』より引用
  • 一味の中の諸住公子と、公子と一緒に保険金を引出しに銀行に現われた男と、助川勇次については、伊奈は顔を知っている。 勝目梓『その死を暴くな』より引用
  • 男を生かしておけば、諸住公子たちの居所は判っただろう。 勝目梓『その死を暴くな』より引用
  • 伊奈はその三月七日という日に、直子が自分とは双生児の姉に当る諸住公子と、なんらかのいきさつからめぐり会ったのではないか、と考えている。 勝目梓『その死を暴くな』より引用
  • 伊奈は諸住公子の前に立った。 勝目梓『その死を暴くな』より引用
  • そこから、杉江や諸住公子や〈助川〉にたどりつく糸口が現われることを期待した。 勝目梓『その死を暴くな』より引用
  • 女は諸住公子だった。 勝目梓『その死を暴くな』より引用
  • 伊奈と黒崎は、尾行と張込みを重ねながら、助川の前に杉江か、諸住公子か、公子と一緒に銀行に保険金を受取りに現われた男かが現われて、接触する場面を待ち望んだ。 勝目梓『その死を暴くな』より引用
  • 諸住公子にしろ、杉江にしろ、助川という人物にしろ、直子の命を奪って生命保険金を詐取し、犯行をくらますために伊奈の命まで再三にわたって狙ってきた。 勝目梓『その死を暴くな』より引用
  • 伊奈は、直子と双生児の姉が、諸住公子という名であること、久美子を囮にした殺し屋が現われた顛末、久美子が助川という名を口からこぼしたことなどを、かいつまんで話した。 勝目梓『その死を暴くな』より引用
  • 黒崎の腕の中で、諸住公子がうめき、もがいた。 勝目梓『その死を暴くな』より引用