課する

全て 動詞
268 の用例 (0.00 秒)
  • 彼の依頼いらいを聞いて、それを実行するのが自分にせられた仕事であった。 水野良『ロードス島戦記 5 王たちの聖戦』より引用
  • 寒子は別れたロロにそんな何でもない役割を課せられてゐたのであつた。 林芙美子『瑪瑙盤』より引用
  • 単独電話とシステムが大幅に異なるため、様々な制限が課せられている。
  • 本来ならばこの任務は自分に課せられるべきものであったろうことを。 横溝正史『死仮面』より引用
  • 彼らは、どの食事の前にも少なくとも、四時間の労働を課せられている。 葉山嘉樹『海に生くる人々』より引用
  • むしろ多分に政治的な要求から、彼らには時間制限が課せられていたのだ。 田中芳樹『銀河英雄伝説 05 風雲篇』より引用
  • どんなものにせよ、課せられたものというのは、そういう性質のものだ。 小野不由美『十二国記 08 図南の翼 小野不由美』より引用
  • 教科書を必要なだけ出版することは日本の出版界に課せられた義務である。 宮本百合子『今日の日本の文化問題』より引用
  • しかし次の瞬間、それが私に課するものを考え、私は自分の心を疑った。 大岡昇平『野火』より引用
  • 我々はこの世界において或物を形成すべく課せられているのである。 西田幾多郎『絶対矛盾的自己同一』より引用
  • 父親の跡を継ぐことになった時、突放しの姿勢は私に課せられたものだ。 辻井喬『いつもと同じ春』より引用
  • 普請金は組合の位置する場所によって課せられる金額が異なっていった。
  • 法による規制以外に地域の警察署でさらなる規制が課せられることもある。
  • おれに課せられたのは、トラクを見張っておくことだけだったんだから。 エディングス『ベルガリアード物語3 竜神の高僧』より引用
  • しかし、本当の罪人にはあなたたち二人分の代償を課することにしよう。 アレクサンドル・デュマ/横塚光雄訳『黒いチューリップ』より引用
  • この沈黙こそ、たしかにわたしに課せられた最後の試みにちがいなかった。 ジッド/山内義雄訳『狭き門』より引用
  • 家父長制の元で一家の主たりえない婦人、子供、奴隷には課せられない。
  • それが文明を構築し、宇宙にまで進出した人間に課せられた責務のはずだ。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 02 ユニコーンの日(下)』より引用
  • なにかを聞くことが、自分に課せられた仕事だったような気がした。 清松みゆき/柘植めぐみ/友野詳『妖魔夜行 影と幻の宴』より引用
  • その日からぼんやりと自分に課せられた使命を意識するようになったと思う。 池上永一『レキオス』より引用
  • 次へ »