誰もが気軽

18 の用例 (0.00 秒)
  • 近年まで料亭は誰もが気軽に入店し利用できるものではなかった。
  • 今は誰もが気軽に海外旅行に行く時代になった。 群ようこ『飢え』より引用
  • 誰もが気軽に訪れ、作品を眺めるだけではなく新しい芸術活動のふれあいの場を目指している。
  • 今では、その地方在住者に限らず、外国人も含め誰もが気軽に泊まれる宿泊施設となっている。
  • インターネットが普及して、誰もが気軽に自分のホームページを持てるようになったいま、最も多くの人が手がけるのが日記だという。 吉村達也『かげろう日記』より引用
  • 内容は家庭や学校、職場などで誰もが気軽に楽しめるゲームで、笑いのあふれる内容だった。
  • 誰もが気軽に調整を受けられるようになった反面、ノウハウもなく「調整機構の備わった部分だけ手を出す」という中途半端な作業しか受けられないことが多い。
  • あくまでも講の構成員で資金を出し合って代表者を送り出すというものであり、代表者になれるのは成年に達した各家の長男に限られるなど、誰もが気軽に巡礼に出られる訳ではなかったのである。
  • 車を使わないで来るには不便な場所だから、渋谷や六本木と違ってだれもが気軽にやって来れるわけではなく、したがって、ある種、訪れる人々が自分たちと同じように限られているので落ち着ける。 田中康夫『ファディッシュ考現学』より引用
  • 独特な笑いあふれるエンターテインメント性を持ち、誰もが気軽にそして単純に観て楽しめる演劇を目指す。
  • ウィークボソンをめぐる競争の場合は、ノーベル賞を標的にしたとはいっても、巨大加速器という特別な装置を必要とする研究で、たとえその気になったところで、誰もが気軽に参加できるという代物しろものではなかった。 小山慶太『科学者はなぜ一番のりをめざすか』より引用
  • BBS、SNS、ブログなどが普及した現代では誰もが気軽に文章を投稿できるようになった反面、インターネット上では不謹慎と思われるようなサイトを目にする機会が増えた。
  • 一部デパートではこの問題に対し、従来は比較的誰もが気軽に立ち寄れる吹き抜けなどの空きスペースに設置されていたこれら施設を、出入りの際には係の従業員による保護者確認が必要なプレイルームに改造、積極的に幼児や児童を「預かって保護する」形へと変化させて利用者の獲得を目指す事例も見られる。
  • 本作ではノックダウンシリーズのシンプルなゲーム性を引き継ぎ、安全性の向上とスコアに対するランク付けを細分化することで、誰もが気軽に楽しめるゲームとなった。
  • 入門講座の受講、大盤解説によるプロ・アマ公開対局の観戦はもとより、通常は有料のケースが多い指導碁についても参加費無料であるため、子どもを含む誰もが気軽に参加することが可能であり、この点でも囲碁の普及に貢献しているものと思われる。
  • ミライースは昨今の環境意識や低価格志向の高まりを受け、誰もが気軽に乗れる『第3のエコカー』をコンセプトに開発された。
  • いつの間にか、北条家は村の敵、裏切り者という図式が出来上がってしまい、北条家の陰口話なら、誰もが気軽に乗れる最大公約数的話題になってしまっている。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編かけら&TIPS』より引用
  • 自らを「ネオかぶき」と称し、高尚になり、堅苦しく難解なイメージになってしまった歌舞伎を、 昔のように誰もが気軽に楽しめる娯楽にすること、いわゆる「歌舞伎の復権」を目指している。