誰でも気軽

26 の用例 (0.00 秒)
  • 有料指定席は電話予約、会員制などがない、誰でも気軽に入場ができる。
  • この場合の一般公開の定義は、誰でも気軽に見学ができる施設であることである。
  • それは旅そのものが普及して、誰でも気軽に出掛けられるようになったせいもある。 福永武彦『第二随筆集 遠くのこだま』より引用
  • 宮崎県内からの参加者を中心に集めて行われており、基本的には誰でも気軽に参加できる。
  • 商店街の中にある誰でも気軽に入れる店、という印象だ。 白瀬修『おと×まほ 第04巻』より引用
  • 少ない時間投資でも誰でも気軽に遊べるようなゲームシステムになっているといえる。
  • 名前の由来は誰でも気軽に来られるように、と入場料を10円に設定したことからきている。
  • あのころ、うちは誰でも気軽にフラッとやって来られる、そんな雰囲気があった。 赤川次郎『やさしい季節 上』より引用
  • カレー専門店のほうは誰でも気軽に出入りできる。 東海林さだお『タコの丸かじり』より引用
  • 特徴としてWEBブラウザ環境があえば誰でも気軽に参加できる。
  • 山田悠介はホラー系の作品でおなじみだが、本作はホラー小説ではないため誰でも気軽に読むことができる。
  • 主な執筆者は編集局によって選出されているが、現在、本誌に同封されているFAXアンケート用紙にて誰でも気軽に自分の意見を投稿できるようになっている。
  • そこは夜中、誰でも気軽に食事が出来た。 平岩弓枝『パナマ運河の殺人』より引用
  • 日本の分校がカルチャースクールのようなスタイルをとっているのは、魔法を人界の日常に根付かせることを目的に「誰でも気軽に魔法に触れられる」という身近さを強調するがゆえであるが、本格的にプロの魔法使いを目指す者のための道も用意されているのである。
  • 自動遠心クラッチを装備するものが多いため、始動時に押しがけをする必要がないほか、スピンしてもエンジンが止まる事もなく、誰でも気軽な体験が可能となっている。
  • 初心者から上級者まで、競技志向から楽しみ志向まで、さまざまなスポーツを誰でも気軽に楽しむことが出来る環境の提供を行っている。
  • また、文字を持たないアイヌ語の原文を、日本人が誰でも気軽に口にだして読めるようにその音をローマ字で表し、日本語訳と併記している。
  • 今後の研究課題としては、高度な技術要求が求められる「プロフェッショナル放送」のための、信頼性の高い技術開発を、更に継続することと、簡便に活用ができる放送機材の開発、加えて誰でも気軽にアクセスのできる放送受信システムの開発を、各メーカーとの共同開発などによって継続してゆく。
  • 通信費も高価であったため、検索するには接続前にトレーニングを受けた検索の専門家と検索内容について議論し、その後専門家が適切なMeSH用語を用意して、適切な方法で検索するという方法であり、誰でも気軽に接続できるものではなかった。
  • またコメント機能で誰でも気軽にネタが書き込めるため、アニメやゲームなどの音楽や外国曲、日本国外版アニメなど、様々な空耳ネタが作られて人気を博している。
  • 次へ »