読経三昧

7 の例文 (0.00 秒)
  • あの即身仏のような僧侶は最初に伊佐間が想像した通り、飲まず食わずの読経三昧で生きているのではないのか。 ...
  • 大日本帝国は解体し、天皇は退位し、京都の寺の僧として、毎日を読経三昧どきようざんまいの生活をして前非を悔いている。 ...
  • 静かな山の中の寺にでも入って、亡き人々の冥福めいふくを祈りながら、読経三昧どきようざんまいの毎日を過す自分を考えて、三帆はぞっとした。 ...
  • 終日読経三昧で食うものも食わず暮らしが成り立つなら正真正銘の聖者である。 ...
  • こうして毎日、内陣と外陣で読経三昧のお祈りをする。 ...
  • 「読経三昧の余生」 こうしてともは、折あるごとに善正寺を訪れて秀次一門の冥福を祈りつつ、熱心な法華僧侶として余生をおくり、寛永二年四月二十四日に寂した。 ...