誠に恐縮

5 の用例 (0.00 秒)
  • その風采といい、その言葉遣いといい、誠に恐縮せざるを得ないものがある。 北大路魯山人『伝不習乎』より引用
  • かゝる文章を讀むと誠に恐縮するが、支那の新學家は却て得意そうにやつて居る。 狩野直喜『支那近世の国粋主義』より引用
  • 電話に出たのはご主人で「お手数を掛けて誠に恐縮であります」と寝呆け声で行届いたご挨拶があった。 向田邦子『無名仮名人名簿』より引用
  • 今日は止むを得ません主命で、主人も少々現金の必要に迫られましたものですから止むを得ず期限通りにお願ひ致しまする次第で、何の御猶予も致しませんで、誠に恐縮致してをる次第でござります。 菊池寛『真珠夫人』より引用
  • つきましては誠に恐縮に存じますが、貴行におかれましても、出資会社としてのご参加など格別のご支援、ご協力を賜りたく、ご配慮のほどよろしくお願い申し上げます。 高杉良『金融腐蝕列島(上)』より引用