誠に失礼

8 の用例 (0.00 秒)
  • しかし来られる時に誠に失礼ですが御註文申し上げたいことがあります。 夢野久作『あやかしの鼓』より引用
  • 突然にこのようなことを文面にてお願い致すことは誠に失礼かとは思いましたが今はワラをもつかむつもりで貴社にお願いした次第です。 読売新聞大阪社会部『逆転無罪 少年はなぜ罪に陥れられたか』より引用
  • 法王入院の事態を想定することは誠に失礼ではあるが、入院した場合、新聞記者の中で私ほど間近かに情報に近づける人間はいないだろう。 藤原作弥『聖母病院の友人たち ―肝炎患者の学んだこと―』より引用
  • 誠に失礼な言草ではあるが、自分は先に「悄然として塵塚の痩犬の如き一人物」と云つた。 石川啄木『雲は天才である』より引用
  • ヒットラー統率の下に有史以来未曽有の大活躍をしている友邦ドイツに対しては、誠に失礼な言い方と思いますが、何となくこのように考えられます。 石原莞爾『最終戦争論』より引用
  • 翌朝お詫びに出て、昨夜は誠に失礼仕りましたと陳べる訳けにも行かず、到頭末代御挨拶なしに済んでしまったことがある。 米原万里『パンツの面目ふんどしの沽券』より引用
  • 拝啓、先程は御令閨にお目にかかりながら、挨拶もいたしませず、誠に失礼いたしました。 横溝正史『恐ろしき四月馬鹿』より引用
  • 誠に失礼を致しました。 三宅花圃『藪の鶯』より引用